デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎

デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2

3つ目のFujinon 55mm F2.2

◎オールドレンズ熱も若干冷め始めてきた今日この頃…(笑)

◎相変わらずオークションサイトを見るとつい入札したくなる病です(笑)

◎今まで安価でクセ玉と言われるオールドレンズだけしか体験していないけど

◎やっぱり、今一番気に入ったのは「Fujinon 55mm F2.2」

デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2

◎ただ、このレンズは安価なカメラに付いていたレンズで

◎FUJINONの得意とするEBC塗装も無い様な安レンズ…

デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2

◎それがゆえに、状態の良いレンズが無く

◎安いけど、良いレンズを探しているうちに今回が3つ目となってしまった…

◎しかも、段々悪くなる(苦笑)

◎撮影に影響は無いとは言え、「グッドコンディション!」と言いながら

◎届いたレンズのプラリングは見事にひび割れ(泣)

◎確かに「完動品」だし「超美光学」だけど…

デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2

◎2個目のレンズはF16まで絞れないし…

◎結果的には一番安かった1個目が一番良かったかも(苦笑)

デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2

◎ただ、今回知りたかったのは

◎マウント部分のつくり…

◎一個目と二個目は同じつくりだけど、三個目は別バージョン…

デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2

◎いつものマウントで対応出来るけど、一部突起物があってそれが当たり最後まで装着できない

◎ネットで調べるとその突起物を削れば問題なしというが…

◎そんな金属を上手に削れるのかなぁ… と心配していたけど

◎全部、プラスティックだったから、カッターで簡単に削れちゃった

デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2

◎いつもの小物で撮影会…

デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2 デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2 デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2

◎ホワイトバランス変えてみたり…

デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2  デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2 デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2 デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2

◎一旦、ここでオールドレンズはひとやすみ…

◎いや、オールドレンズを落札するのは、ひとやすみ…

◎今まで集めたオールドレンズで撮影会しようっと…

◎オールドレンズのイベントでもやる?(笑)

デジタルでフィルムを再現したい計画第13弾‼︎3つ目のFujinon 55mm F2.2

◎X-Fujinon 55mm F2.2

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

 

デジタルでフィルムを再現したい計画第12弾‼︎

X-Fujinon 55mm F2.2

やっぱりFUJINONかぁ…

◎世界的にも有名な写真の共通用語「ボケ」

◎英語では「Bokeh」を書いてボケと読むらしい…

◎それくらい日本人にはウケるボケ写真だが

◎外国人にはウケないボケ写真(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎でも、最近はこの「Bokeh」が世界的に流行っているようで

◎ネット検索すると色々なボケ写真の作品が上がって来る…

◎私もオールドレンズを集める目的が

◎「デジタルでフィルムを再現したい」ということでスタートしたのだが

◎最近はいかに面白いボケ写真が撮れるか… になってきている(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎グルグルボケ、星形ボケ、バブルボケなどなど…

◎クセが強いボケ写真が撮れる「クセ玉」を探しまくっている

◎そんな中、見付けたのがグルグルボケの

◎ロシア製レンズHELIOS 44-2 58mmF2やHELIOS 40-2 85mmF1.5…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎フランスの女性カメラマンが撮っている様な不思議な世界観を醸し出している

◎バブルボケを表現出来るドイツのレンズメーカーMeyer-Optik Gorlitz社の

◎Trioplan(トリオプラン) 100mmF2.8というレンズである

X-Fujinon 55mm F2.2

◎世界的にも「Bokeh」ブームなのか

◎愛好家の中でも人気が出ているようで

◎中古市場でも80,000円から150,000円くらいで取引されているらしい…

◎最近はドイツのMeyer Optik Goerlitz社がTrioplan 100mm f/2.8を復活させ

◎18万円くらいで新品を購入する事が出来る…

◎一応、ネットオークションで91,000円で落札はしたものの

◎高額な金額で落札した割にはグッとくるバブルボケでは無く

X-Fujinon 55mm F2.2

◎その後、落札した

◎ドイツ製プロジェクター用レンズのPentacon AV 80mm F2.8の部品でつくった

◎Pentacon AV(Meyer Diaplan)2.8/80 M42を20,500円で落札…

◎このレンズはドはまり(笑)

◎バブルボケを撮るために写真は全てボケているという本末転倒な話(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎その後も「ボケ」というキーワードでふらふらする毎日ですが

◎ネットや「オールドレンズの新しい教科書」にも載っていた

◎FUJIFILM X-Fujinon 55mm F2.2という

◎廉価版一眼レフカメラFujica AX/STXシリーズの

◎交換レンズとして生産されたレンズに着目…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎設計構成は4群4枚の「エルノスター型」と呼ばれるものに似ているそうで

◎このタイプなら「バブルボケ」が再現できるのでは?

◎早速、ネットオークションで探すも「FUJINON 55mm F2.2」という

◎商品が微妙…

◎価格自体は3,000円から6,000円くらいで

◎レンズのみと言うよりもカメラ本体がオークションされていて

◎レンズはその付属という感じ…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎しかも、問題は、どの記事を読んでも

◎デジタルカメラに取り付けるためには

◎マウントアダプターが必要なのは勿論だが、レンズ側に加工が必要とある…

◎全く無い知識でネット検索するが結局、どのタイプを落札して

◎FUJIFILM X-Pro1に取り付けるためにはどのマウントアダプターを買えば良いのか

◎全く判らないまま、時間は過ぎていった(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎何はともあれ、とにかく落札してみよう!!!

◎と、ゲットしたのが「X-Fujinon 55mm F2.2」を6,980円で落札

◎入金して数日後には商品が手元に届くが

◎やはり、カメラ本体に付く訳が無い…

◎レンズの接地面を見るとネットで見ていたのとは全然違うタイプ…

◎うわぁ〜、どうしてタイプが違うのだろう…

◎更にネット検索すると何とか答えが見つかりそう…

◎一部ネットにはこのタイプのマウントアダプターは高額だとあったが

◎Kernel フジカAXマウントレンズ-富士フィルム XマウントアダプターFuji-FX

◎と言うのをAmazonで見付け、2,660円でゲット…

◎こうして、何とか「X-Fujinon 55mm F2.2」を現代のデジタルカメラに

◎装着することが出来ました…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎元々、Fujica AX/STXシリーズの交換レンズとしてつくられているから

◎FIJIFILM X-T1グラファイトやX-T10シルバーなどに装着すると

◎何だかしっくり来ますね(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎さて、問題はMeyer Optik Goerlitz社がTrioplan 100mm f/2.8や

◎Pentacon AV(Meyer Diaplan)2.8/80 M42を上回る「バブルボケ」を

◎撮ることが出来るかどうか…

◎焦る気持ちを抑えながら、「X-Fujinon 55mm F2.2」を装着した

◎「FUJIFILM X-T1」を持って事務所の外をウロウロ

◎絞りを開放にし、マニュアルフォーカスでピントを合わせていくと…

◎おお、ボケる、ボケる…

◎バブル、バブル…

◎思いきって、ファーストショット!!!

◎どうですか、このバブルボケ…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎期待したフレアがあまり出なかったのですが

◎シャープネスやコントラストは全く問題なし

X-Fujinon 55mm F2.2

◎開放で被写体の背景にキラキラの点光源を用意すると

◎ザワザワとうるさいくらいに主張してくるボケ…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎縁がしっかりと太く見えるバブルボケもハッキリと発生

X-Fujinon 55mm F2.2

◎前ボケも後ボケもキレイに撮れます

X-Fujinon 55mm F2.2

◎F2.2というとても中途半端な開放F値

◎鏡胴もプラスチックで軽量

◎EBCコーティングもされていない廉価版のレンズだが

X-Fujinon 55mm F2.2

◎フジノンならではの一定クオリティはクリアしている

X-Fujinon 55mm F2.2

◎最短撮影距離が0.6mなので寄れないけど

X-Fujinon 55mm F2.2

◎55mmという中望遠レンズの特性を活かしてポートレートにはイイかも

X-Fujinon 55mm F2.2

◎高額なオールドレンズを買わなくても

◎こんなに安くて、味のあるレンズが

◎富士フィルムから出ていたなんて…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎ボディとの相性もピッタリだよね(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎オールドレンズを使って、改めて思うのが

◎マニュアルフォーカスで撮りたいモノを探しに行くことの愉しさ…

◎オートフォーカスで狙った場所に一撃でピントを合わせるのもいいが

◎マニュアルフォーカスでピントを合わせることで

◎そこに行くまでに別のイメージに出逢うことのアクシデントを愉しむのが愉しい

X-Fujinon 55mm F2.2

 

X-Fujinon 55mm F2.2

 

X-Fujinon 55mm F2.2

 

X-Fujinon 55mm F2.2

 

X-Fujinon 55mm F2.2

◎X-Fujinon 55mm F2.2


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++