ひとと違うさくらの写真を撮るのは難しい

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

SAKURA 2017.4

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF50mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-100T Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

さくら満開!さくらだらけのSNSに自分らしい表現はどうしたら…

◎全国各地でさくらが満開となった週末…

◎残念なことに晴天とはならず、曇天な週末となった…

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎それでも、色んな場所で花見が行われ

◎SNSはさくらの写真がどんどんウオールに流れてくる…

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎さくらの写真…

◎大抵は桜の木全体を撮った写真かさくらをアップで撮った写真…

◎私もまずは基本に基づいて(笑)

FUJIFILM X-Pro2に最近お気に入りのXF50mmF2 R WRレンズ付けて…

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎近所の公園へ…

◎誰もいない公園(笑)

◎ひとりシャッターを切る…

◎向こうの方を見ると、おじいちゃんがベンチに座って電話してる…

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎さくらだけを撮るよりもやっぱり人物が入るとなんか物語で見えてくる…

◎さくらと青空と赤と白の鉄塔…

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎ちょっと気分転換…

FUJIFILM X-Pro2XF10-24mmF4 R OISレンズ付けて…

◎超広角に…

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎さくらの木の枝がギュンと伸びる

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎インパクトは強い写真となるが、こればっか撮っていると飽きてくる(笑)

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎やっぱりXF50mmF2 R WRに戻して…

◎曇り空から、太陽も見えてきて…

◎気候も良くなって来たから、モデルさん呼んでこよう…

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎私にしか撮れないさくらの写真ってどうしたら撮れるのかなぁ…

◎今週末に私の手元に届いた一冊の本

◎「良い写真とは?撮る人が心に刻む108のことば」ハービー・山口

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎以前、ある写真屋さんのイベントで講演を聞き

◎実際に宇部常盤公園で撮影会に参加させて頂いた想い出が…

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎その中に…

◎16.ポートレートの場合、被写体と撮影者との関係が見えてくる写真。

◎つまりその撮影者にしか見せない表情をとらえた写真。

◎言い換えれば、その撮影者にしか見えない表情をとらえた写真。

◎が108ある良い写真のことばのひとつである…

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎何だか、結局…

◎人と違うさくらの写真とは?

◎と言いながら、さくらとは関係の無いポートレートで満足したこの日でしたが

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎撮った写真を見るのも愉しかったけど

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎写真を撮りながらコミュニケーションを愉しむコトがそれよりも愉しかった

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎一瞬一瞬違う表情を出す彼女…

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎キリが無いくらいシャッターを切る(笑)

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎旧暦の今日が誕生日だった彼女は1歳に…

◎スグにお婆ちゃんを抜く勢い(笑)

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎さくらの樹の下の方に咲いていたさくら…

◎「さくらと小さな手」みたいなほんわかしたテーマで写真を撮ろうと思ったら…

◎いきなりむしり取る彼女…

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

◎手元から顔へとパーンすると…

◎こんな顔で「べぇー」憎めないモノである(笑)

私にしか撮れないさくらの写真は難しい

FUJIFILM X-Pro2
XF50mmF2 R WR
XF10-24mmF4 R OIS

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様

DSCF8666

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-100T Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

DSCF8671

国内1,000台限定発売さらに高まる機能美と高級感

FUJIFILM X-Pro1に出逢って私の人生は変わったと言っても過言では無い…

◎というタイトルを付け2016年8月4日に書いたBOSS BLOG…

◎ホントに確かに過言では無い…

◎商業施設をメインとしてバブル時代に飲食店やラブホテル、ゴルフ場やサーキット場などを

◎デザインしていたデザイン事務所に就職…

◎その後、私の師匠でもある社長が交通事故で他界…

◎会社は解散…

◎若気の至りと言う事で、1990年5月商業デザイン設計施工のデザイン事務所を起業…

◎その頃にはバブルもはじけ、設計施工の仕事なんて殆ど無い状態…

DSCF8666

◎その時に私を助けてくれた道具は「Macintosh」でした…

◎当時、建築業界では手で描くドラフターからCADへと移行している時期でしたが

◎CADソフトとコンピューターを揃えるだけでも1千万円近いお金がかかる時代でした…

◎そんな中、私が手にした道具は「Macintosh」

◎建築業界ではWindowsが主流だった頃、Macintoshはどちらかというとグラフィック系

◎だから、Macintoshで図面を描くことは出来ませんでした

◎でも、その代わり…

◎グラフィックが得意なパソコンだから、おのずと仕事の内容は

◎ロゴマーク制作やチラシづくりなどの仕事が増えるようになり

◎今の「建築」と「グラフィック」と「WEB」の三本柱の内

◎二本がこの頃から培われていくようになるのです…

◎まさに、私にとってMacintoshとの出逢いは私の人生を変えたと行っても過言では無い

◎道具のひとつでした…

DSCF8610

◎建築の仕事が無かった私にとって

◎Macintoshがあることで、印刷やグラフィックデザインの仕事で

◎会社を運営することが出来たのです…

◎それから、Macintoshは進化を遂げ

◎イラストレーターやフォトショップ、3D制作ソフトのShadeなどを使いこなすことによって

◎完成がイメージしにくい建築業界に

◎一般の人でも判り易いプレゼンテーション力が備わり

◎そのプレゼンテーションのチカラを使うことで建築の仕事を取ることも出来るようになりました。

DSCF8640

◎当時、大金を使ってCADソフトを入れた建設会社とは全く違う方向へと進みました

◎結果として、それが良かったのかどうかは判りませんが

◎少なくとも今の有限会社デザインATOZがあるのは

◎当時、建築の仕事が無く、1千万円近く掛かるCADソフトとWindowsが買えなくて

◎Macintoshを購入したからです。

DSCF8617

◎それから、数十年が経ち…

◎私に二つ目の人生を変えた道具との出逢いがありました…

◎それが、FUJIFILM X-Pro1なのです…

◎それまでにも、Canonというカメラを使っていましたが

◎それは、単なる道具だった…

◎その後、GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITIONGXR+GR LENS A12 50mm F2.5 MACROLEICA D-LUX4

SIGMA DP1 MerrillSIGMA DP2 MerrillSIGMA DP3 Merrillなど個性的なカメラも使ってきましたが

◎この富士フィルムのカメラの様な気持ちとはちょっと違うんです…

DSCF8618

◎私の仕事である商業施設の建築デザイン設計施工は

◎基本的には一般の方々と接する事は無く

◎裏方の仕事…

◎新しいお店が出来ても

◎どんな雰囲気のお店?

◎何が美味しい?

◎お値段はどう?

◎みたいなことは知りたいと思うでしょうけど

◎誰がつくったの?誰がデザインしたの?

◎などという質問は同業者かオーナーぐらい(笑)

◎まあ、一般的に私たちが仕事のことを発信する何て言うことはありません…

DSCF8619

◎でも、もともとインターネットに興味があり

◎石原プロにあこがれ、ジャッキーチェンの映画にはまり

◎所謂、映像が好きだった少年は…

◎この富士フィルムのカメラと出逢うことで

◎映像表現することを手に入れ、SNSで発信することで

◎一般の方々に知られることも無い建築業界のウラ側を知ってもらい

◎表舞台に出ることが出来る様になったのです…

DSCF8620

◎きっと、それは

◎写真が上手とか、写真のテクニックがあると言うことでは無く

◎何を表現すればいいのか…

◎何を伝えれば良いのか…

◎どう伝えれば良いのかを判っているからこそ

◎それを表現することで、伝えることが出来るのではないかと思うのです…

DSCF8621

◎私はプロのカメラマンでは無いので、撮った結果と言うよりも

◎撮るプロセスの方が大事だったり、撮る前が大事だったりするのです…

◎その為のアイテムとして、この富士フィルムのXシリーズは

◎そのカメラが持つ、雰囲気や佇まい、クラシカルなデザイン、どこか懐かしい空気感が

◎その場の雰囲気をつくってくれるのです。

DSCF8622

◎もうひとつ、プロのカメラマンで無い私にとって

◎とても重要なこと…

◎それは、カメラの性能が良いと言う事…

◎画素数がどうとか、連写機能が優れているとか

◎そう言ったコトでは無く、

◎どんなシチュエーションでもしっかりと私がイメージしている「絵」が撮れること

◎使う人間のスキルアップは勿論ですが

◎カメラの技術力のどんどんアップしている昨今…

◎カメラの進化で誰が撮っても思い通りの写真が撮れる時代になっています

◎でも、大切なのは「何を撮りたいか」「どんな絵を撮るのか」です

◎それが無ければ、カメラが勝手にキレイな写真を撮っているだけ

◎デザイナーで無いひとが、最新のパソコンとソフトを手に入れて

◎写真を並べたり、文字を加工したりしてデザイナーになった気分になるのと同じ(苦笑)

◎優秀な道具は必要ですが、最終的にはそのひとのセンスだと思うのです…

DSCF8626

◎話はFUJIFILM X-Pro2から大きく外れましたが

◎改めて、このブログを書きながら

◎私はふたつの道具との出逢いで大きく人生が変わったんだなぁと改めて思いました…

DSCF8627

◎2017年3月に登場した

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様

◎先だって発売されていたFUJIFILM X-Pro2のブラックモデル

◎もちろん、私はこのブラックモデルを手に入れ

◎限定のFUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様が発表されたときも

◎そんなに興味は湧かず、むしろブラックモデルの方が格好いいとも思っていて

◎限定をGETしないのなら、XF23mmF2 R WRのシルバーも必要だと手に入れました…

◎ところが、状況は変化…

◎結局、FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様をGETすることになる…

DSCF8628

◎それまで、限定のグラファイトの色が

◎ブラックボディに比べ、なんかぼけているというか、締まりが無いように思えていたけど

◎こうやって、ホンモノを手にすると

◎けっして華美な「シルバー」ではなく、かといって無個性な「ブラック」でもない。

◎それは、光の角度によって、見る人の意識によって様々に変化する「色」だ。

◎グラファイトという色にしか表現しえない重厚感と美しさ。

◎複雑で繊細な工程を経て実現するからこそ、その色は特別な輝きを放つ。

◎ブラファイトに惚れ惚れする…(笑)

DSCF8629

◎FUJIFILM X-Pro2と、カメラボディと同色に塗装した

◎「フジノンレンズ XF23mmF2 R WR」

◎およびレンズフード「LH-XF35-2」

◎外観の統一感、高級感がより一層高まり、

◎所有する喜びを感じることができるミラーレスデジタルカメラとなった…

DSCF8632

◎Xシリーズでは最大となる2430万画素新開発APS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」を初搭載。

◎XFレンズとの組み合わせで、実際の画素数を上回る解像感を実現。

◎また、位相差画素の配置エリアを拡大したことで

◎高速・高精度な位相差AFがより広い範囲で使えるようになったほか、

◎画素数を大幅に増加させつつもさらなるノイズ低減を実現し、

◎拡張感度域であったISO12800を標準感度として

◎使用できるレベルまで高感度性能を改善。

DSCF8635

◎色再現の根幹「フィルムシミュレーション」

◎フィルム製造を通して培った色作りの哲学を注ぎ込んだフィルムシミュレーションは、

◎被写体や撮影シーン、表現意図などに合わせて豊かな色再現と階調再現を、

◎まるでフィルムを交換するような感覚で使い分けることが出来ます。

◎「PROVIA/スタンダード」「Velvia/ビビッド」「ASTIA/ソフト」など、全15種を搭載。

DSCF8644

◎今回新しく追加されたACROS

◎超微粒子で知られる白黒フィルム「ACROS」の名を冠した新フィルムシミュレーション。

◎より滑らかな階調、引き締まった黒、美しい質感再現が特徴。

◎一般的な白黒モードとは一線を画する超高画質な黒白写真表現が可能です。

DSCF8646

◎更にグレイン・エフェクトを選択することで

◎フィルム写真が持つ独特の粒状感を再現する機能。

◎「強」「弱」の2段階から効果を設定でき、

◎全てのフィルムシミュレーションと併用できます

◎。RAWデータからカメラ内RAW現像で付加することも可能。

DSCF8647

◎アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー

◎ 「ファインダーを覗いて撮る」という行為は、 写真家の欲求の根源に存在し続けている。

◎ 初代機が誕生したときから、「覗いて撮る」ということをコンセプトに掲げてきたXシリーズは、

◎OVFとEVFのアドバンテージを融合させた3種のファインダースタイル

◎「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」へ到達した。

◎世界で唯一のファインダーで、撮影の原点へ帰ろう。

DSCF8651

◎撮影者をサポートする実用至上主義の操作系統

◎一瞬のシャッターチャンスをものにするため、ファインダーから眼を離さない。

◎この思想を具現化するため、全操作系統を右手側に集中。

◎そして、主要な露出設定はダイヤル式で、指先の感覚で設定の加減が判断できると同時に

◎電源オフでも次のシャッターチャンスに備えられる。

◎FUJIFILM X-Pro2に息づくスナップへの愛情。

◎操作系統が手になじんだとき、名作が生み出される。

DSCF8653

◎「C」ポジション搭載の露出補正ダイヤル

◎使用頻度が高い露出補正はダイヤル式。

◎±3段、1/3ステップで露出補正が行え、ファインダーを覗きながらでも操作しやすいローレット形状を採用。

◎「C」ポジションを選択すれば、フロントコマンドダイヤルで±5段までの露出補正に対応します。

DSCF8654

◎ISOダイヤル内蔵のシャッターダイヤル

◎シャッターダイヤルには、往年のフィルムカメラを

◎彷彿とさせるISOダイヤルをダブルファンクション式で搭載しています。

◎シャッターダイヤルの外周部を持ち上げることでISO設定が可能。

◎露出に関する全ての設定をダイヤルで行うことができます。

DSCF8655

◎「フジノンレンズ XF23mmF2 R WR」は、

◎独自開発の「X-Trans™ CMOSセンサー」シリーズの性能を

◎余すことなく引き出す高い解像性能を持つ広角レンズです。

◎非球面レンズ2枚を含む6群10枚構成の光学設計による小型軽量化と、

◎インナーフォーカス方式、ステッピングモーター駆動により静音かつ高速のAFを実現しています。

◎外装には金属製パーツを全面に用い、高級感と堅牢性を兼ね備えたスタイリッシュなデザインを採用。

◎絞りリングやフォーカスリングの使用感も追求し、快適な操作性を発揮しています。

◎さらに防塵・防滴・-10℃の耐低温構造のタフネス性能も実現しており、

◎アウトドアなどあらゆる撮影シーンでお使いいただけます。

DSCF8657

◎ひょんな事から、1,000台限定のFUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様を手にした私

◎実物を見るまではブラックボディの方が格好いいと思っていたけど

◎実際に実物を目にすると、何とも言えない輝きが美しい…

FUJIFILM X-Pro2のボディラインにしっかりとマッチしている

DSCF8638

◎今回はカメラストラップもYOSEMITE CAMERA STRAP ヨセミテ・カメラストラップ

◎MOUNTAIN BLACK(マウンテンブラック)という

◎ドライ加工された肌触りのよい高強度クライミングロープを使用して

◎日本の職人が一本一本手作業で仕上げる、素材にこだわり抜いたストラップにしました

◎ストラップの長さは126cm/ロープ径9mmとかなり長めですが

◎長さはロープを結ぶ事によって調節可能。 大きく結べばハンドストラップとしても活用できます。

◎そして、今回は三姉妹とも赤いシャッターレリーズボタンを装着

◎ちょっとグラグラ感が激しくて、もしかしたら落ちるかも知れないけど

◎何かグッと色っぽくていい…

DSCF8668

DSCF8669

DSCF8670

DSCF8671

DSCF8675

DSCF8676

◎私の人生を変えた「X-Pro1+35mmF1.4」と

◎娘に譲った「X-Pro2+35mmF2.0」

◎そして、今回新しくやって来た「FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様

DSCF3138

◎富士フィルムの基本概念である

◎開発当時からの基本デザインは変えないという概念…

◎私は共感出来ます…

◎さあ、これからこのファインダーを覗くとそこにはどんな世界が待っているのでしょうか…

DSCF3130

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

FUJIFILM X-T2
XF10-24mmF4 R OIS
FUJIFILM X-Pro2
XF23mmF2 R WR

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-100T Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

◎2016年3月と9月に富士フィルムの最上位フラッグシップ機の

◎「FUJIFILM X-Pro2」と「FUJIFILM X-T2」を発売

◎どちらも同じ、2,430万画素のAPS-Cサイズ X-Trans CMOS IIIセンサー(原色フィルター採用)と

◎高速処理が可能な画像処理エンジン「X Processor Pro」を搭載。

◎全てが大きく進化…

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎そして、2017年2月と3月…

◎共にグラファイトエディションが登場…

◎「FUJIFILM X-T2 グラファイトシルバー エディション」は、「X-T2」の特長をそのままに

◎「FUJIFILM X-T1 グラファイトシルバー エディション」でも好評だった

◎多層塗装により重厚感と高級感を兼ね備えたモデル。

 

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎カメラ本体に、専用アクセサリーである、高級本革ストラップやアルミ製のホットシューカバー

◎ボディと同色のクリップオンフラッシュ「EF-X8」をセット。

◎ボディの質感に徹底的にこだわり、塗装・焼付けの工程を3度繰り返す多層塗装。

 

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎1コート目は、マグネシウム製のトップカバーにマットブラックの下地塗装。

◎黒い下地がシャドー部の色を引き締め、ハイライト部を際立たせ。

◎2コート目では、「薄膜多層コート技術」によるグラファイトシルバーカラーに塗装。

◎高い平滑性と高級感のある輝きを実現。

◎3コート目では、クリア塗装を施し、ツヤ感のある外観に仕上がっています。

◎(富士フィルムHPより)

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎前回、FUJIFILM X-T1を購入して、暫くしてから

◎「グラファイトシルバー エディション」が発売された経緯があったので

◎今回は、FUJIFILM X-T2が発売されても購入せずに

FUJIFILM X-T2 グラファイトシルバー エディションが発売されるまで待ちました(笑)

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎FUJIFILM X-T1と基本的なデザインは変わっていませんが

◎サイズで言えば、「FUJIFILM X-T2」は「FUJIFILM X-T1」より

◎幅3.5mm、高さ2mm、奥行き2.5mm、質量67gの若干大型化。

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎シャッタースピード、ISO感度、露出補正、ドライブモード、測光モードなど基本操作はダイヤル式で統一。

◎電源がOFFの状態でも設定を変更することができ、次の撮影に備えることができます。

◎誤操作防止の為、シャッタースピード、ISO感度ダイヤルには、ロック&リリースボタンを採用

◎ダイヤル自体を高くするなど、「X-T1」から操作性の改善を図る。

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎カメラ背面に「フォーカスレバー」を搭載。

◎スティック操作で瞬時に、縦・横・斜めの8方向へフォーカスエリアを移動させることが可能。

◎このフォーカスレバーを一度でも使うと便利すぎて付いてないのはあり得ないほど(笑)

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎背面液晶には、「Xシリーズ」初となる3方向チルト方式を採用。

◎横位置撮影時の上下チルトに加えて、縦位置撮影時も上方向チルトが可能。

◎レンズの光軸上に液晶が位置するため、ハイアングルやローアングルでも快適に撮影が可能。

◎通常時は、ボディにすっきりと収納され、デザイン性を損ないません。

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎独自開発のAPS-Cサイズ「X-Trans™ CMOS III」

◎センサー(2430万画素、ローパスフィルターレス)を搭載。

◎非周期性の高い独自のカラーフィルター配列により、

◎光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑えます。

◎解像感を損なう原因にもなっていたローパスフィルターが不要となることで、

◎フジノンレンズが持つ本来の解像力が最大限に発揮。

◎高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」との組み合わせにより、

◎ワンランク上の画素数、サイズを持つセンサーに匹敵する写真画質を実現。

 

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎写真フィルムの開発で培った独自の色再現技術は、温かみのある人肌、

◎抜けるような空の青色、鮮やかな木々の緑色などを、記憶色に近い美しい色で再現。

◎フィルムシミュレーション機能に、「ACROS」モードを追加。

◎「X-Processor Pro」の高い処理能力により、従来のモノクロモードを凌駕する滑らかな階調、

◎引き締まった黒、美しい質感再現でモノクロ写真表現が可能。

◎フィルム写真が持つ独特の粒状感を再現する「グレイン・エフェクト」機能を搭載。

◎「強」「弱」の2段階で設定でき、全てのフィルムシミュレーションと併用可能。

◎主にプリント時に、フィルム写真のような効果を手軽に再現することができます。

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎起動時間0.3秒、シャッタータイムラグ0.045秒、撮影間隔0.17秒など基本レスポンスを極限まで短縮。

◎撮影者の意図通りに動くカメラを追求。

◎AF-Cカスタム設定を搭載

◎AF-C設定時の動体追従性能をより高精度にするため、AF-Cアルゴリズムを大幅に改良。

◎被写体の動きに合わせて、AFパラメーターのうち

◎「被写体保持特性」、「速度変化追従性」、「ゾーンエリア特性」の3要素を、

◎それぞれの設定画面から細かくセットすることが可能。

◎また、3要素をあらかじめ組み合わせた5パターンのプリセットから被写体の動きに合わせて即座に選択することも可能

 

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎Xシリーズ初となる4K動画撮影に対応

◎独自開発のセンサーと画像処理エンジンで、4K映像(3840×2160)に必要な画素数の約1.8倍、

◎フルHD映像(1920×1080)も約2.4倍の画素数を凝縮しても、

◎モアレやジャギーの少ない高画質を実現。

◎また、4K動画、フルHD動画ともに100Mbpsの高ビットレート記録に対応。

◎圧縮ノイズの少ない高解像の撮影が可能。

◎静止画撮影で好評のフィルムシミュレーションをそのまま動画撮影時にも使用でき、

◎「クラシッククローム」モードによる、深みのある色合いと豊かな陰影を表現したドキュメンタリー調の映像や、

◎「ACROS」モードによる滑らかな階調、引きしまった黒での高画質なモノクロ映像など

◎9種類の多彩な表現を愉しめる。

◎フィルムシミュレーションをベースに

◎ハイライトトーン、シャドウトーン、カラー、シャープネスの調整も可能。

◎4K映像のHDMIクリーン出力や、センサーの持つ広いダイナミックレンジを活かし、

◎撮影後に色や輝度などの編集が可能な、広色域で撮影を行う

◎Logガンマ「F-Log(エフログ)」モードの選択も可能で、映像制作をサポート。

 

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎機能説明は全て富士フィルムのホームページより引用しておりますが

◎見た目のデザインは若干大きくなったぐらいで

◎持ち比べてもほとんど判らないくらい(笑)

◎でも、中身は劇的進化を遂げています…

◎仕事で使うメイン機は「FUJIFILM X-T2」そして、サブ機に「FUJIFILM X-T1」を使うつもりでしたが

◎両機の差にストレスが出そうな感じ…

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎FUJIFILM X-T1は高精細で、倍率0.77倍の大きなファインダーなので

◎マニュアルフォーカスで撮影するオールドレンズの時は、

◎老眼の私にとって便利なカメラである…

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎カメラ本体を撮ってみたくなるカメラって

◎富士フィルムのXシリーズぐらいしか無いような気がしますね…

◎開封したカメラを事務所のソファーに並べ、いつものブツ撮りライティングセットを設置し

◎撮影をしている姿は…(笑)

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎今回は赤いレリーズシャッターボタンも付け(笑)

◎ひとりで萌えです

◎さあ、このカメラでどんなコトづくりが出来ていくか…

◎ワクワクしちゃいます…

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

XF10-24mmF4 R OIS

◎目の前に広がる風景を見た目以上の迫力でとらえ、

◎狭い室内でも空間を広々としたイメージで撮影できる超広角15mm(35mm判換算)から、

◎標準レンズとしてもお使いいただける36mm(35mm判換算)までの汎用性の高い2.4倍ズームレンズです。

◎ズーム全領域で開放F4.0での撮影が可能で、どの画角でも、変わらぬ絞り値で、安定した撮影が可能です。

◎強力な光学手ブレ補正搭載により、光量の少ない室内や夕景などで、手持ちでの撮影領域を広げます。

◎フォーカスレンズなどを軽量化し、ステッピングモーターを採用したことで、高速AFと静音化も実現しました。

◎また、最短撮影距離24cmを生かし、手前の小さい被写体をクローズアップしながら、

◎背景を同時に写しこむことができ、超広角の利点をさらに生かした迫力ある表現をお楽しみいただけます。

◎富士フィルムのホームページより

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

FUJIFILM X-T2
XF10-24mmF4 R OIS
FUJIFILM X-Pro2
XF23mmF2 R WR

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!