恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

FUJIFILM X-H1

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF50mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-E3 Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

今回新搭載された「フェザータッチシャッター」ってなんやねん!

◎週末にやって来た富士フィルムのフラッグシップモデルFUJIFILM X-H1

◎ミラーレスの特徴であるコンパクトという部分を完全に無視した(笑)

◎新型カメラFUJIFILM X-H1はセンサーと画像処理エンジンはX-T2X-Pro2と共通だが

◎随所にX-T2X-Pro2とは違う新技術が搭載されている

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎今までも新しいカメラやレンズがやって来たときには

◎縁起担ぎで「ファースト・ショット」にこだわってきたけど

◎今回も姫ちゃんをモデルにファースト・ショット祭りです(笑)

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎この数日間、春になったと思いきや

◎急に寒気が戻って来て、日差しはあるけど寒い寒い。

◎ホントはファースト・ショット祭りでフェスティバルなみにシャッターを切りたかったけど

◎撮影場所は玄関で(笑)

◎ママ譲りの撮られ好きな姫ちゃんは、カメラを向けて合図すると色々やってくれます(笑)

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎でも、疲れるとオフになります(笑)

◎休憩挟んで…

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎さて、撮影再開(笑)

◎ところで今回新搭載された「フェザータッチシャッター」ってなんやねん!

◎チャンスを逃さない繊細なレリーズアクションに対応する

◎フェザータッチシャッターボタンを新たに採用。

◎ホールド感を高めたグリップ部とのコンビネーションで、

◎ブレを抑え、クイックに反応できる操作性を実現(HPより)とあるが

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎通常オートフォーカス撮影は半押ししながらピントを合わせてシャッターを切る

◎今までのXシリーズは半押し状態からシャッターを切る感触がしっかり感じられるけど

◎このFUJIFILM X-H1のフェザータッチシャッターは半押しからシャッターを切る感触が

◎ほぼ無いから、何となくタイミングがおかしくなる。

◎カメラは重いのに、シャッターは優しく押さないと半押しせずにそのままシャッターが切れてしまう

◎慣れてくるとシャッターを切るのに余計な力を必要としないので良いのかなぁ(笑)

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎他にも色々と試してみたいから、外に出たいけど

◎思いのほか寒くて、姫ちゃんが風邪引いたら大変!

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎そう思いながら、河川敷までドライブ…

◎到着して振り向くと姫ちゃんは爆睡中!

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎姫ちゃんが見える位置にクルマを駐めて

◎カメラを構え、シャッターを切ってみる

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎ボディ内手ブレ補正機構を試したいところ

◎でも明るいからシャッタースピードも稼げるので(笑)手ブレの恩恵を受けているのか判らないけど

◎ファインダーを覗くとジャイロ効果なのか、若干船酔いな気分にフワフワとなる(笑)

◎映画用撮影フィルムをシミュレートした新しいフィルムシミュレーション「ETERNA(エテルナ)」

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎そして、ブツ撮りしか使うことが無かったXF16-55F2.8を装着してみたけど

◎X-T2よりもグリップがデカいからしっくり手に馴染む感じがいいね。

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎そう言えばここには列車といういい被写体があるので

◎今までほとんど使うことの無かった「AF-C(コンティニュアスAF)」

◎通常はAF-Sというシャッターボタンを半押しするとピント調整を1回行うのを

◎AF-Cはシャッターボタンを半押ししている間、撮影範囲の中心でずっとピントを合わせ続ける

◎「AF-C(コンティニュアスAF)」で遊んでみた。

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎シャッターボタンを半押ししている間、撮影範囲の中心でずっとピントを合わせ続けるAF-Cは

◎子供やクルマ、動物、列車など動きのあるモノを撮影するには便利だけど

◎使い慣れていないから、オロオロ(笑)

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

X-E3から搭載されたBluetooth

◎スマートフォンと常時接続が可能だから、カメラで撮影した写真を自動転送できる。

◎それがこのFUJIFILM X-H1にも搭載されているから便利

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎クルマに戻っては、起きていないか確認して

◎列車が来るまで待機…

◎列車の音がガタンゴトンと聞こえてくると慌てて撮影ポイントへ!

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

◎カメラさんぽで持ち歩くにはデカくて重すぎるカメラだけど

◎XF16-55mm、XF50-140mm、XF100-400の様な大型レンズを使うにはカメラとのバランスもバッチリ

◎過去に発売された光学式手ブレ補正機構非搭載純正レンズも

◎装着時において最大5.5段の効果を実現するから、それもまた楽しみ!

恒例のFUJIFILM X-H1 ファースト・ショットは姫ちゃん!河川敷では爆睡!

FUJIFILM X-H1
FUJIFILM X-Pro2
FUJIFILM X-T2
FUJIFILM X-E3

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!