今年のバレンタインもありがとうございます

有限会社デザインATOZ

「告白する日」から「感謝の気持ちを伝える日」に変化?

◎バレンタインっていつから始まったのかなぁ

有限会社デザインATOZ・菓子工房nanan・グランシャリオ

◎バレンタインデーの由来(インターネットより抜粋)

◎時代は3世紀、場所はローマ。

◎愛する家族、守るべき家庭は戦場でで戦い抜く意志をゆるがすからという理由で

◎時の皇帝により、若者は結婚を禁じられていました。

◎兵隊となり、戦争に出向く彼らがただ国のために命を捧げられるように…

◎キリスト教徒のバレンタインはそんな若者たちを哀れに思い、

◎密かに結婚させていました。

◎皇帝はそんなバレンタインを許すはずもなく、

◎バレンタインは処刑されたのです。

◎このバレンタインの処刑された日が2月14日。

◎時は流れ、200年後のローマ。

◎2月14日には、独身の男女がくじ引きでつきあう人を

◎決めるというお祭りが行われていました。

◎風紀の乱れを懸念したキリスト教は、このお祭りを廃止し、

◎キリスト教の殉教者を祀るお祭りにすることを定めます。

◎そこで選ばれたのが200年前、恋人達のために命を落としたバレンタインでした。

◎それ以降キリスト教で2月14日は、

◎恋人達がギフトやカードを贈り合う日として定着します。

◎というのが一般的にいわれているバレンタインデーの由来でしたが、

◎諸説あるようです。

◎現在では15世紀頃に恋人の要素が付け足され、

◎バレンタインが恋人の守護聖人になったとも…

有限会社デザインATOZ・菓子工房nanan・グランシャリオ

◎日本のバレンタインデーの由来(インターネットより抜粋)

◎デパート業界やチョコレート業界が仕掛けたキャンペーンが発端と言われていて

◎その発祥にはいくつか説があり、

◎1936年の神戸モロゾフ製菓説
◎1958年のメリーチョコレート説
◎1960年の森永製菓説
◎1965年の伊勢丹説
◎1968年のソニープラザ説などがあるが、判然としない。

◎何度か仕掛けられたバレンタインキャンペーンですが、

◎実は当時はチョコレートがメインのキャンペーンでは無かったそうです。

◎その当時は、欧米のように、バレンタインは想いを伝える日、とだけ銘打たれ、

◎お菓子メーカーの森永でさえ「チョコレートを添えて贈り物をする」

◎というキャンペーン内容で、しかも女性から男性という流れも

◎はっきりとはしていませんでした。

◎しかし、昭和50年代になると、女子が男子に親愛の情を込めて

◎チョコレートを贈るという独自の「日本型バレンタインデー」の流れが

◎じわじわと流行し始めます。

◎するとその形が瞬く間に日本中に定着し、

◎見事に「バレンタインは女性が男性にチョコを贈る日」になったそうです。

有限会社デザインATOZ・菓子工房nanan・グランシャリオ

◎日本のホワイトデーの由来(インターネットより抜粋)

◎ちなみに、男性が女性にお返しをするホワイトデーも日本独自の文化。

◎1977年に和菓子屋・石村萬盛堂は、バレンタインデーの返礼として

◎マシュマロデーを開始した。

◎後に名称を「ホワイトデー」に統一し、見事に定着しました。

有限会社デザインATOZ・菓子工房nanan・グランシャリオ

◎ネットで調べるとこんな感じで出てきますね(笑)

◎私がバレンタインを意識しだしたのは小学生の頃でしょうか…

◎当時流行った、ピーナッツが入ったハート型のチョコレートを

◎もらったような記憶が…

◎50円くらいだったような気がします…

有限会社デザインATOZ・菓子工房nanan・グランシャリオ

◎気になってネット検索してみると…

◎不二家の商品だったんですね。

◎今でも購入できるようで… 1935年(昭和10年)から製造販売しているそうで

パティスリー・グランシャリオ(Patisserie Grand Chariot)

◎そんなバレンタインですが…

◎最近では愛を告白する日というよりは感謝を伝える日という意味合いが

◎強くなってきているようで、会社の仲間や上司へ、家族や友達など

◎日頃口に出して言えない気持ちを、バレンタインというきっかけで

◎改めて感謝の気持ちを伝えられるのは良いことですね。

パティスリー・グランシャリオ(Patisserie Grand Chariot)

◎今年のバレンタインも

◎会社の女性スタッフやクライアント様から

◎ステキな感謝の気持ちを沢山頂きました…

◎酔拳で蹴られないように、これからも感謝の気持ちを忘れないようにします(笑)

有限会社デザインATOZ・菓子工房nanan・グランシャリオ

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
菓子工房 na.nan 山口県下関市大字田倉678 電話083-257-2900
パティスリー・グランシャリオ(Patisserie Grand Chariot)
◎山口県山陽小野田市日の出3丁目7-17 電話0836-84-7117


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++