ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

SONY α7 R III × SEL55F18Z × SEL90M28G

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF50mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-H1

FUJIFILM X-E3 Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIは人間味溢れるK.I.T.Tとなるのか?

◎手元にやって来たSONY α7 R IIIですが

◎FUJIFILM Xシリーズのように道具として感覚的に馴染むという感じでは無いんですよね…

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎見るからにハイテクスーパーマシン(笑)

◎サイボーグって感じでしょうか…

◎ターミネーターで言えばシュワちゃん演じるターミネーターT-800がFUJIFILM Xシリーズとすれば

SONY α7 R IIIは無表情の冷酷な最新型液体金属ターミネーターT-1000かな(笑)

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎開封して、箱から取り出して手にしても

◎シャキーン!って感じで、電源をONにしてからとにかく設定だらけ(笑)

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎でも段々判ってきたけど、このSONY α7 R III

◎11個のボタンがあり、カスタムキーとして頻繁に使う機能を割り当てる事が出来るので

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎メニューからいちいち探さなくても自分が使いやすいカメラにカスタマイズ出来るのです。

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎つまり、自分だけのカメラになるという、何とも人間味溢れたカメラなんです。

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎もしかしたら、ハイテクスーパーマシンだけど、人間味があるという部分では

◎無表情の冷酷な最新型液体金属ターミネーターT-1000では無くて

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎人工知能を搭載されたナイト2000 K.I.T.T(キット)なのではないだろうか(笑)

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎そう思うとちょっと親しみ感が出てきた(笑)

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎ということで、心を込めて

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎まずはカスタムキーのカスタマイズからスタート

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎カメラ知識が無いと判らないことが沢山あるけど

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎取扱説明書やネット、YouTubeでも色んな情報があるので

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎それらを参考にして、自分が使いやすいSONY α7 R IIIに変身中!

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎そして、見た目も大事だよね。

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎最近ずっとお気に入りでFUJIFILM Xシリーズ全機に使っている

◎YOSEMITE CAMERA STRAP(ヨセミテカメラストラップ)

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

YOSEMITE CAMERA STRAP(ヨセミテカメラストラップ)は

◎日本の職人が一本一本手作業で仕上げる、素材にこだわり抜いたストラップで 

◎ロープはドライ加工され肌触りのよい高強度クライミングロープ

◎カメラ接合部にはアメリカのタンナー職人が作り出したタフでしなやかなアメリカ製カウハイドと

◎専用設計の日本製高品質真鍮リングを使用しています。

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎今までは全てBLACKを選んでいましたが、このSONY α7 R IIIのイメージカラーでもあるオレンジを選んでみました

◎PARIS ORANGE 9mm 126cm

◎黒い精悍なボディにPARIS ORANGEはかなりインパクトがありますが

◎なかなか味のある組み合わせになった気がします

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎その他にも予備バッテリー

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

◎SONY純正のカメラバック

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

SONY α7 R III本体とSEL55F18ZSEL90M28Gとズームレンズの三本が入るビック容量!

◎さてさて、これからの写真テイストがどのように変わるか乞うご期待です(笑)

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを愉しめるアイテムでアレンジ!

SONY α7 R III
SEL55F18Z(Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA)
SEL90M28G(FE 90mm F2.8 Macro G OSS)
SONY DSC-RX100M5

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズミラーレスと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

SONY α7 R III × SEL55F18Z × SEL90M28G

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF50mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-H1

FUJIFILM X-E3 Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

ハイテクスーパーマシンのSONY α7 R IIIを使いこなせるのか!オレは!

◎恒例のファーストショットで撮った姫ちゃん… 全てがピンぼけ(笑)

◎2013年6月21日「FUJIFILM X-Pro1 がやって来た!!

◎それまでにも仕事でもプライベートでもカメラを使ってきたが、それ以上でもそれ以下でも無かった

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎建築デザインをやっているので完成した物件の建築写真を撮るためにCanonEOS60Dだったり

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎その頃からブログを頻繁に書くようになり

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎RICOHのGXRやGR、LEICA D-LUX4などのコンデジを使ったり

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎それでも、基礎知識など無く感覚で撮っていただけで

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎絞りや露出、シャッタースピードなんて「なに?」って感じだった

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎撮りたい雰囲気の写真は決まっている…

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎ふわっとした淡いトーンの写真…

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎漠然とゆるかわ写真なんて言ってたけど…

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎何をどうすれば撮れるのやら…

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎画像ソフトで露出を一気に上げて、明るくして見るも… 何か違うんだよね…

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎そして、出逢ったのがFUJIFILM X-Pro1だった…

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎何よりもこのカメラにこころを奪われたのは

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎カメラのデザイン…このダイヤルだらけのボディに昔のカメラを思い出させるデザインは

◎撮る者、撮られる者を酔わせる… 魅力を感じた

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎それからは、早かった…

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎カメラの基礎知識を学び、写真とは… を考え

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎技術やスペックでは無く、写真を撮るコトを愉しませてくれたFUJIFILM Xシリーズとの出逢いは本当に感謝である

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎そして、以前から興味のあったフルサイズ一眼レフ…

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎私が今まで使っていたのはミラーレスカメラのAPS-Cという種類

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎色々とネットや雑誌などからAPS-Cとフルサイズの違いを探すが

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎私にとっては、今更フルサイズ一眼レフに変える魅力は見つけることは出来なかった

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎それでも、実際にフルサイズ一眼レフを使うことで

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎APS-Cには無い何かを感じることが出来るかも知れないと思い

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎フルサイズ一眼レフと言えばCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIVと思い

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎カタログを集め、見積もりを出してもらって、ムック本まで購入したけど

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎やはり、一眼レフカメラを持つことのデメリットの方が大きくてやめました(笑)

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎それから、うわきごころは一旦落ち着き(笑)

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎私の人生を変えたFUJIFILM Xシリーズと共に人生を歩んでいこうと思ったのですが…

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎ふと、姫ちゃんと立ち寄った福岡のソニーストア福岡天神

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎ここで手にしたSONY α7 IIIFE 24-105mm F4 G OSSがスゴかった

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎愛するFUJIFILM Xシリーズとは全く違うボディデザイン

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎持つことが愉しくなる道具と言うよりもマシン

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎カメラと言うよりもコンピューターって印象

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎それでも実際に構えてシャッターを切ると、今までとは全く違う感覚…

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎35mmフルサイズというのにミラーレスだから、軽量でコンパクト

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎何よりも魅力を感じたのは「瞳AF」という被写体の瞳を自動検出してオートフォーカスする機能

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎被写体だった姫ちゃんが、振り向こうがうつむこうが、腕などで顔の一部が隠れようが

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎しっかりと瞳にフォーカスを合わせ続けてくれる

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎ポートレート撮影の時に瞳にピントを合わせるというのは基本

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎もちろんそれはカメラマンの技術でやらなければいけないことだが

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎このSONYのフルサイズメラーレスカメラだとマシーンとして任せたくなる(笑)

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎35mmフルサイズと言う事で今まで使っているAPS-Cの描写力とは全く違う世界を感じることが出来るだろうから

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎このSONY α7 R IIIに求めるのはふたつ

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎「高解像度描写」と「瞳AF」である

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎もちろん、写真を愉しむという意味ではこれからもFUJIFILM Xシリーズは使い続ける

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎でも、このSONY α7 R III 35mmフルサイズメラーレスを手にすることで

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎また新しい世界を見ることが出来れば良いなぁと…

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

◎動画専用として2017年11月12日に購入したSONY DSC-RX100M5

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎このカメラも全然使いこなしてはいないけど、SONYの世界観を体験したいと思います

有効約4240万画素の高解像を持つ35mmフルサイズと狙った被写体を捉えて離さない、飛躍的に進化を遂げたAF性能「瞳AF」を手に入れた!

SONY α7 R III
SEL55F18Z(Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA)
SEL90M28G(FE 90mm F2.8 Macro G OSS)
SONY DSC-RX100M5

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

FUJIFILM X-H1

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF50mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-E3 Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

すべての光学式手ブレ補正機構非搭載純正レンズの装着時において最大5.5段の効果を実現!

◎私の仕事の機材は全てミラーレス

◎FUJIFILM X-Pro1との出逢いから新機が登場する度にバージョンアップしてきました。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎FUJIFILMのフラッグシップモデルとして登場した

FUJIFILM X-Pro2FUJIFILM X-T2

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎仕事のメイン機としてはFUJIFILM X-T2を使っていたのですが

◎ミラーレスの特徴でもあるコンパクトなサイズというのが逆に使いづらくて

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

XF16-55mmF2.8 R LM WRXF50-140mmF2.8 R LM OIS WRXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

◎使うときなどはレンズとカメラのバランスが悪くて、ハンドグリップを装着してました。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

FUJIFILM X-Pro2FUJIFILM X-T2

◎FUJIFILMのフラッグシップモデルだと思っていたら

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎なんと!FUJIFILM X-H1というXシリーズとして

◎初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載機が発表されたではないか!

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎あり得ない!

◎しかも、ボディ内に手ブレ補正機構搭載を搭載したことでボディサイズもアップ

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎でも、カメラとしてのスペック自体は

FUJIFILM X-Pro2FUJIFILM X-T2と変わらない

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎価格はFUJIFILM X-Pro2FUJIFILM X-T2に比べ高額だし

◎手ブレ補正機構とカメラサイズが本当に必要なのだろうか…

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎と、ネットで調べまくる毎日

◎そのうち、発売さて福岡の量販店では実機が展示されていたので触りに行ったが

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎そんなにワクワク感も感じられなかったのでひとまず保留を決定(笑)

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎その時にこころを奪われたのがSONYα7RIIIだった

◎SONYα7RIIIのオートフォーカス機能や手ブレ機能は

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎普段Xシリーズを使っている私には新鮮だった…

◎でも、待てよ…

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

FUJIFILM X-Pro2FUJIFILM X-T2のオートフォーカス機能だって

◎ほとんど使ったことが無いけど、レベルが高い

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎あとは、手ブレ補正機構が付いていれば

◎光学式手ブレ補正機構非搭載純正レンズが価値を生み出すのではないだろうか…

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎早速、自宅の防湿庫に眠る

◎手放してもいいと思うカメラを物色…

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎いつもお世話になっているカメラのキタムラのMさんに相談

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎かなり良い条件でFUJIFILM X-H1がゲットできるコトが判り

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎結局やって来たFUJIFILM X-H1(笑)

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎ファースト・ショットは姫ちゃんと決めているので

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎まずは、いつものカメラ撮影(笑)

◎先日、SIGMA DPシリーズやSONY RX100Ⅴのボディを撮影して改めて思ったけど

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎FUJIFILMのデザインは本当に美しい

◎思わず撮りたくなるボディラインをしていると思った。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎毎回、照明をセットして

◎新しい相棒の写真を撮るのが本当に愉しい

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎特にFUJIFILMのカメラはパーツ一つ一つのカタチに意味があることが判る

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎よく見ると、ダイヤルの立ち上がりのカタチが毎回違ったりしているのも

◎カメラをつくる技術者が人間工学に基づいて使いやすいカタチにデザインしているんだと…

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎動く被写体への追従性が強化されたオートフォーカス。

◎測距点は91点(最大325点)

◎中央の横50%・縦75%の範囲の像面位相差AFエリアは高速・高精度を発揮。

◎また像面位相差AFの低照度限界は従来の0.5EVから-1EVへと約1.5段分拡張し

◎最小絞りの範囲はF8からF11に。

◎ズーミング中のAF-C性能も強化され、激しく被写体が動くスポーツシーンや

◎遠くにいる動物の毛並みなど微細なテクスチャを持つ被写体も高精度で捕捉。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎フォーカスポイントをクイックに変更できる8方向の「フォーカスレバー」を搭載。

◎ファインダーを覗いたままで直感的なフォーカスポイントの調整が可能

◎(背面LCDモニターのタッチパネル操作でも可能)

◎また、右手親指の位置に「AF-ONボタン」を独立して配置。

◎親指でフォーカスポイントの調整を行い

◎人差し指は繊細なレリーズアクションに集中させることができる。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構を搭載。

◎3 軸加速度センサー・3 軸ジャイロセンサー・専用デュアルプロセッサーが

◎連動し毎秒約1万回の高速演算および補正動作を行うことで

◎高速・高精度な手ブレ補正性能を実現。

◎補正は5軸(ピッチ/ヨーの角度ブレ、X/Yのシフトブレ、回転)に対応し

◎すべての光学式手ブレ補正機能非搭載純正レンズの装着時において

◎5段以上(最大5.5段 *1)の効果を実現。

◎光量の少ない環境において威力を発揮。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎チャンスを逃さない繊細なレリーズアクションに対応する

◎フェザータッチシャッターボタンを新たに採用。

◎ホールド感を高めたグリップ部とのコンビネーションで

◎ブレを抑え、クイックに反応できる操作性を実現。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎シャッタースピード、ISO感度、ドライブモードなど

◎撮影のメインとなる設定は専用ダイヤルによる操作。

◎またボディ天面には、Xシリーズとして初めてサブ液晶モニター(1.28インチ)を搭載。

◎主要設定に加え、露出補正・ホワイトバランス設定など詳細情報を表示。

◎シャッタースピード、絞り、ISO感度、露出補正を前後ダイヤルのみで操作することも可能となり

◎好みに合わせた操作性を実現。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎背面の3.0インチ、約104万ドットのLCDモニターは

◎上90°・下45°・右60°と3方向に可動するチルト式で

◎ハイアングル/ローアングル/縦位置ローアングルでのフレーミングも容易。

◎また静電式タッチパネルの採用で、フォーカスポイントの調整など直感的なタッチ操作が可能。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎表現の意図に合わせた色調表現や階調表現を

◎まるでフィルムを交換するような感覚で変更して楽しむことができる

◎「フィルムシミュレーション」は全16種。

◎80年以上におよぶフィルム製造により培った

◎色作りの理念とノウハウを注ぎ込んだ、富士フイルム独自の機能。

◎(PROVIA/スタンダード、 Velvia/ビビッド、 ASTIA/ソフト

◎クラシッククローム、 PRO Neg.Hi、PRO Neg.Std

◎モノクロ、 モノクロ+Yeフィルター、 モノクロ+Rフィルター、 モノクロ+Gフィルター

◎セピア、ACROS、 ACROS+Yeフィルター、 ACROS+Rフィルター、 ACROS+Gフィルター、ETERNA/シネマ)

 

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎動画撮影に適したフィルムシミュレーションとして

◎映画用撮影フィルムをシミュレートした「ETERNA(エテルナ)」を新たに搭載。

◎落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンが特徴で、

◎ダイナミックレンジ400%(約12段相当)と併用することにより

◎ポストプロセスでのカラーグレーディングの手間を大幅に軽減しながらも

◎完成度の高い映像の収録を可能にしている。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎広いダイナミックレンジのガンマカーブ「F-Log(エフログ)」での記録

◎および外部機器への非圧縮出力が可能。

◎撮影後の色調加工により映像の世界観を作り込んでいく

◎「カラーグレーディング」にも対応。

◎待望のフィルムシミュレーション用ルックアップテーブル( ETERNA用)も

◎新たにラインアップし、ポストプロセスの自由度を向上。

◎120p・100pのハイスピード動画撮影(Full HD・2倍/4倍/5倍スローモーション)に対応。

◎印象的なスローモーションムービーを可能とし、映像の表現領域を拡大。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎交流電源下における蛍光灯などの照明のちらつき(フリッカー現象)による

◎露出や色のばらつきを低減する「フリッカー低減機能」を搭載。

◎照明の明滅周期を検出し、明るさのピークに合わせてシャッターのタイミングを自動的に制御。

◎屋内スポーツ撮影などにおいて安定した露出を実現(電子シャッター使用時を除く)。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎FUJIFILM X-H1は、個性的なフジノンレンズのラインアップの中でも

◎特にXF16-55mmF2.8 R LM WR、XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

◎XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRの3本のレッドバッジズームレンズ群との相性が良く

◎縦位置パワーブースターグリップも組み合わせることで

◎ホールディング性を高めつつ、システム全体でタフネス性能を発揮し

◎高速AF、高速連写など高いレスポンス性能と相まって、極限のシーンも写し取ることができます。

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

◎さて、新しい相棒「FUJIFILM X-H1

◎どんな仕事をしてくれるか楽しみだよ!

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構搭載!FUJIFILM X-H1登場!

FUJIFILM X-H1
FUJIFILM X-Pro2
FUJIFILM X-T2
FUJIFILM X-E3

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど…

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-E3

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF50mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-E3 Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

広角域の19mm、標準域の30mm、中望遠域の50mmレンズ一体型コンパクトカメラ

◎結局当時はカメラの知識も何にも無くて

◎キレイな写真のブログに舞い踊り

◎コレクター気質が仇となって購入したSIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎その大きさやレンズ一体型という構成からもコンパクトタイプのデジタルカメラとして分類されているけど

◎このカメラに搭載されているイメージセンサーは

◎同社のデジタル一眼レフカメラ「SD1 Merrill」と同等の

◎有効画素数約4,600万画素のセンサーであり、いわば「モンスター」コンパクトデジタルカメラであった。

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎今回この三姉妹を手放すにあたって、最後のシャッターを切ってみたいという気持ちになった。

◎まずは「DP3 Merrill」

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎DP3 Merrillの基本性能は、DP1 MerrillおよびDP2 Merrillと同じ

◎搭載されているイメージセンサーは23.5×15.7mmで

◎有効画素数約4,600万画素(4,800×3,200×3層)の「Foveon X3ダイレクトイメージセンサー」である。

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎「Foveon X3 ダイレクトイメージセンサー」は

◎一般的なデジタルカメラに採用されているベイヤー配列の

◎カラーフィルターを採用したイメージセンサーとは構造が異なり

◎1画素でRGB全ての波長の光を取り込むことができるため

◎独特な色乗りの深さを表現できるという特徴がある。

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎またその構造上、デジタルカメラでの撮影時に発生しやすい色モアレが発生しないため

◎画像の解像感を若干なりとも損なってしまうことになるローパスフィルターを必要としない。

◎これにより画像本来の解像感のまま記録することが可能となっている。

◎それによって得られる画像は非常に精緻な描写となり

◎その深い色乗りと共に「Foveon X3ダイレクトイメージセンサー」独特の表現として認知されている。

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎DP3 Merrill、DP1 Merrill、DP2 Merrillのそれぞれの大きな違いは

◎搭載されているレンズの焦点距離の違いだ。

◎DP Merrillシリーズに搭載されているのは全て単焦点レンズであり、

◎DP1 Merrillは広角域の19mm(35mm判換算28mm相当)

◎DP2 Merrillは標準域の30mm(35mm判換算45mm相当)だが

◎DP3 Merrillに搭載されたレンズは中望遠域の50mm(35mm判換算75mm相当)となる。

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎つまりDP3 Merrillの登場により

◎広角・標準・中望遠それぞれの画角をカバーしたことになるわけだ。

◎またDP3 MerrillはDP1 MerrillおよびDP2 Merrillと同様、開放絞り値がF2.8となる。

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎DP3 Merrillのレンズは単焦点の50mm F2.8で、35mm判換算では75mm相当の中望遠となる。

◎高屈折率SLDガラスおよびグラスモールド非球面レンズを採用。

◎最短撮影距離は22.6cmで最大撮影倍率1:3のマクロ撮影も可能だ。

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎やはりDP3 Merrill最大の魅力は、その高い解像力と深い描写力にある。

◎DP1 MerrillおよびDP2 Merrillが登場した際にも驚いたことだが

◎レンズ固定式の構造を採用するDP Merrillシリーズならではのレンズの描写の良さには脱帽する。

◎イメージセンサーとレンズのマッチングを最大限に行なっていることの強みによるものだろう。

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎35mm判換算で75mm相当となる焦点距離は

◎すこしクローズアップしたスナップ撮影にも良い。

◎またF2.8という明るい開放F値との組み合わせによるボケを活かしたポートレート撮影も可能だ。

◎人物描写にもとても優れたカメラといえる。

◎加えて22.6cmの最短撮影距離を活かしたマクロ撮影も可能なので

◎中望遠というレンズの特性をうまく活かせば、バリエーション豊富な撮影が楽しめる(HPより抜粋)

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎続いて「DP2 Merrill」

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎やはり基本性能は、DP1 MerrillおよびDP3 Merrillと同じ

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎DP2 Merrillの特徴は標準域の30mm(35mm判換算45mm相当)を持つ

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎ちゃんと(笑)カメラを始めたときに入門レンズとしてアドバイスされたのが

◎FUJIFILMで言えばXF35mmF1.4のレンズだった

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎標準域というだけあって

◎30mmというレンズは見た目にも自然だし、画角の感覚を磨くには丁度良い

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎だから、私も初めてカメラを買う人にアドバイスするときは

◎35mmレンズなどの標準レンズを薦める

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎今回使った3つのレンズに中で

◎やはり標準とだけあって、一番退屈なレンズとなった(笑)

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎でも、一番しっくり来たレンズでもあったのは否めない(笑)

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎どんなシーンを切り抜いても

◎見たことのあるシーンだったり、想像できるシーンだったり…

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎だから余計に被写体のどこを切り取るか

◎どんな画角にするのかが写真の仕上がりに大きく響く

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎当時も問題だったバッテリーがもたない

◎100枚くらい撮っていると電池のマークが赤くなる…

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎そして最後は「DP1 Merrill」

◎なぜか「DP2 Merrill」が7月に発売され

◎9月に「DP1 Merrill」が発売となり、1と2が逆になったのを思い出す

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎当時、ブログ写真をGRⅣで撮影していたので

◎この広角域の19mm(35mm判換算28mm相当)という画角にはカラダが慣れていた(笑)

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎それが故に、今でこそ写真の基本は水平だ!

◎なんて言ってますが、当時は広角域の19mmが愉しくて、あおりまくってました(笑)

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎斜め上から

◎斜め下から

◎グッと寄って

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎フォーカスのスピードは遅いし、感度も低いから暗いところでの撮影は苦手

◎手ブレを抑えて何とか撮ってもノイズはスゴいし(笑)

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎高画質の写真が売りだから、一枚のファイルサイズがめちゃくちゃデカいから

◎撮影後のデータ管理も大変(笑)

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎バッテリーももたないので、最初から予備バッテリーが付属しているという対策(笑)

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎サクサク撮影することが出来なかった私

◎段々、持ち歩くことも無くなり

◎この三姉妹は防湿庫に入ったままとなる…

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎でも、今回久しぶりに切ったシャッター

◎写真を見ると高画質な写真というよりも

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎味のあるオールドレンズで撮った様な雰囲気を醸し出しているような気がする

◎嫌いじゃあ無いよね。

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎相変わらず、フォーカスは迷うし

◎バッテリーはすぐ無くなるけど

◎だからこそ、じっくりと被写体と向き合いシャッターを切る時間が愉しい

◎もっとこの三姉妹で写真を撮れば良かったかな…

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎ちなみに今私がメインで使っているFUJIFILMのXシリーズ

◎「DP3 Merrill」と同じ画角になるように

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎FUJIFILM X-E3にXF50mmF2.0をセットして

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎同じ様なシチュエーションで撮影してみた

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎やはり、画角は一緒でも仕上がった写真は全く違うモノになるね。

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎同じクラスの車でも

◎各メーカーによって乗り心地が違うのと一緒…

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎日産には日産の

◎トヨタにはトヨタの

◎ホンダにはホンダの

◎乗り味がある…

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎カメラでもSIGMAはSIGMAの味があり

◎FUJIFILMにはFUJIFILMの味がある

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎これにカメラのクラスがあり、レンズの特性が加わって

◎自分の味をつくっていく…

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎そんなことを偉そうに言っている私ですが

◎それぞれのカメラが持っている性能のどれだけを使っているのだろうか(笑)

◎いやいや、まだまだ日々精進ですね

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎カメラのスペックも大切ですが

◎自分が撮りたいモノは何なのか?

◎まずは、そのことを頭の中で想像することが大切なのかもね

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

◎使い勝手の悪い三姉妹SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrillでしたが

◎だからこそ、その個性が愉しいカメラと言うことなんですね。

◎いい女といいカメラは似ているのかな?

SIGMAメリル美人三姉妹として2013年の春に購入したけど...

株式会社シグマ
SIGMA DP3 Merrill
SIGMA DP2 Merrill
SIGMA DP1 Merrill
◎FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

SIGMA DP1MerrillDP2MerrillDP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF50mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-E3 Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

カメラの基本知識が無い当時の私にはホントに宝の持ち腐れでした。

◎2012年7月12日 SIGMA DP2Merrill 発売

◎2012年9月14 SIGMA DP1Merrill 発売

◎2013年2月22日 SIGMA DP3Merrill 発売

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎標準レンズ、望遠レンズ、広角レンズの特性も知らない

◎露出や絞り、シャッタースピードも知らない

◎ISO感度も知らない

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎そんな私がコンパクトカメラからステップアップするために

◎当時一生懸命見ていたBLOGの写真はこのSIGMA DP2Merrillで撮影されていることを知り

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎勢い余って、全シリーズをコンプリートする…

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎SIGMA DPシリーズのMerrillに搭載されているのは

◎デジタル一眼レフカメラSIGMA SD1 Merrill搭載のそれとまったく同じ

◎4,600万画素Foveon X3ダイレクトイメージセンサーです。

◎従来のFoveonセンサーに比べてAPS-Cサイズ(焦点距離換算1.5倍)にまで面積を拡大。

◎その一方で、ピクセルピッチは縮小し、「より大きなセンサーに緻密なピクセルピッチ」を実現しています。

◎画素数を一挙に3倍増させ、有効画素数4,600万画素(4,800×3,200×3)という

◎飛躍的な高画素化を達成しました。

◎一般的なデジタルカメラの解像度テストで使用されているモノクロームの解像チャートでも実に

◎ベイヤー式イメージセンサーにおける3,000万画素相当の輝度解像度を誇ります。

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

DP1Merrillは広角レンズの19mm F2.8

DP2Merrillは標準レンズの30mm F2.8

DP3Merrillは中望遠マクロレンズの50mm F2.8

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎と3つのレンズの特性を持ったレンズ付きカメラのシリーズ

◎当時はレンズの特性で撮りたい写真の雰囲気が変わるなんて言うこともよくわからず

◎ただコンプリートしただけ(苦笑)

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎しかも当時のBOSS BLOGを読み返してみると

◎カメラを三台持つと言うことは、レンズを三本持つのと同じだ。

◎的なコトがもっともらしく書いてあったけど(笑)

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎カメラの基本知識が無い当時の私にはホントに宝の持ち腐れでした。

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎ネット上でもこのカメラの難度は色々と書かれていて

◎それでもこのカメラが表現する画質の美しさを求め

◎その写真の美しさに驚いていた。

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎その写真に憧れながら、一方ではそんなステキな写真を撮る事も出来ず

◎手ブレ機能は付いていないとか、暗いところでは撮るのが難しいとか

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎いい女は口説くのが難しいとでも言わんばかりの文章に笑ってしまった。

◎今なら、そんな状況でもどんな設定にすれば手ブレをしないとか

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎三種類のレンズを活かした写真を撮ったりするだろうけど

◎当時の私には、ホントに宝の持ち腐れ(笑)

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎結局、カメラのデザインが持ちにくいからと

◎ボディーケースを買ったのが、宇部の山本写真機店との出逢いでした。

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎そこでFUJIFILM X-Pro1という

◎私には運命的なカメラとの出逢いで

◎その後、このDPシリーズを触ることも無くなりました…

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎だから、過去のBOSS BLOGを見ても作例はほとんど無い(笑)

◎と言うか、全く無し

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎基本的には新しいカメラを購入するときに

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎古いカメラを下取りにするというのに抵抗があって

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎ずっと、防湿庫に飾っていたけど

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎今回は、色んな意味で昔の想い出と共に

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎さようならです…

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎手放す前に、フル充電したバッテリーを入れて

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎三姉妹にスイッチオン

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎ひと昔前のオートフォーカスがゆっくりと音を立てて動き出す

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎ピントを合わせるのが無茶苦茶おそい!

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎絞りを変えてみたり、露出を変えてみたり、ISOを変えてみたり…

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎当時、触ったことの無いボタンやダイヤルを触りまくって(笑)

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎三姉妹それぞれの個性で撮影大会!

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎このカメラの良さが別れが決まった今判る…

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎当時、戸惑っていたコトは

◎今の私なら優しく接することが出来る…

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎ただ、今の私だから困ったただひとつのこと…

◎それは、ファインダーが付いていないからモニターを見て撮影しなければいけない

◎老眼の私には、このモニターを見ながらの撮影は難しいのだ…

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎当時の彼女たちを理解してやれなかった私は

◎大人になった今では、彼女たちのワガママも彼女の良さだと気づいた…

◎それは、別れが決まったという何とも皮肉なコトだと…

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎そして、もうひとりのお別れ…

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎彼女は仕事として常に活躍をしてくれた

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎仕事の撮影では100%彼女の仕事だ

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎FUJIFILM X-T2が登場してから

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎彼女も防湿庫に眠っていたが、今回卒業となった…

◎今までありがとう…

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎次回は、最後に撮った作例を色々とご紹介しますね。

さらば SIGMA DP1Merrill & DP2Merrill & DP3Merrill & FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

株式会社シグマ
DP1Merrill
DP2Merrill
DP3Merrill
◎FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

SONY DSC-RX100M5

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF50mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-100T Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

山口県インバウンドサポートプロジェクトの動画撮影機材はコレだ!

◎山口県のおもてなしをサポートし「グルメ・風景・文化・体験・ひと」5つの基本テーマで世界に発信していきます

◎というコンセプトでつくられるコンテンツ…

◎唐戸にある夜の「はい!からっと横丁」で初めて撮った回転ブランコ「オーシャン・スインガー」

◎スローモーション映像がなんか格好良くありませんか?

◎手持ちで撮って手ブレ無しの実力に感心(笑)

◎動画をやったことのない私は四苦八苦(笑)

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎動画に強くないFUJIFILMのカメラはあるが…

◎フォーカス速度も手ブレ機能も得意では無い…

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎家庭用ムービーで撮るには被写界深度が深すぎて、雰囲気の良い映像が撮れないし…

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎かといって、セミプロ用、プロ用のキャメラを買うには高額すぎる…

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎色々悩みながら、夜な夜なネット検索をしていると…

◎話題のYouTuberって、ムービーを使わずに一眼レフカメラで動画を撮っている人が多いことに気がつき…

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎そこから、更に夜な夜なネットサーフィン…

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎そして、出た答えがコレ…

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

SONY DSC-RX100M5

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎かつてない高速性能

◎0.05秒の高速AFを実現した高速・高精度なファストハイブリッドAF

◎新開発のイメージセンサーに位相差検出方式AFセンサーを配置。

◎AFの速度や動体捕捉に優れている位相差AFとAFの精度が高いコントラストAFの

◎メリットを兼ね備えたファストハイブリッドAFをRX100シリーズとして初めて搭載。

◎0.05秒の高速レスポンスを実現するとともに、

◎AF精度と動体追従性能も大幅に進化したことで、被写体を瞬時に精度高く捉える。

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎さらなる進化を遂げた高画質

◎高画質と高機能を実現する、メモリー一体1.0型積層型Exmor RS CMOSセンサー

◎集光効率を高める裏面照射技術を採用した、有効約2010万画素のメモリー

◎一体1.0型積層型Exmor RS CMOSセンサーを搭載。

◎高速信号処理回路を画素領域と別の層に配置できる「積層構造」の採用により、

◎処理回路部分が大幅に拡張され、信号処理のスピードが飛躍的に向上。

◎センサーからの大量の出力信号をDRAM チップ(メモリー)に一時保管することで、

◎従来の5倍以上もの高速データ読み出しを実現。

◎スーパースローモーションや4K動画、最高1/32000秒のアンチディストーションシャッターなど、

◎従来のセンサーでは実現できない高機能を実現しています。

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎高い描写性能を実現するZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ

◎24-70mm F1.8-2.8の優れた光学性能

◎広角24mmから中望遠70mmまでをカバーする、ZEISSバリオ・ゾナーTレンズを搭載。

◎ワイド端は24mmの広角になり、ダイナミックな構図での風景撮影はもちろん、

◎室内での集合撮影などにも便利です。

◎さらに、高度非球面レンズ「AAレンズ」2枚を高精度に接合する技術を用いることで、

◎テレ端の開放F値2.8を実現。望遠でもブレにくく、ぼけをいかした撮影を楽しめます。

◎また、「AAレンズ」を含む非球面レンズ全9枚で、諸収差を良好に補正。

◎レンズ表面にはZEISS Tコーティングを採用し、ゴーストやフレアを大幅に低減します。

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎高感度撮影時のノイズを低減する「マルチショットNR(ノイズリダクション)」

◎1回のシャッターレリーズで高速連写した4枚の画像を重ね合わせることでノイズを低減する

◎「マルチショットNR(ノイズリダクション)」機能を搭載。

◎同じ絞りやシャッタースピードでも最大でISO感度約2段分のノイズ低減効果が得られ、

◎最高ISO25600相当に拡張した高感度撮影も可能です。

◎P・A・S・M・動画・HFRモードでも設定できるので、撮影の自由度がさらに高まります。

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎プロ仕様の動画性能

◎撮影可能時間が約2倍になった最大960fps(40倍)のスーパースローモーション

◎積層型CMOSセンサーにより、最大960fps(40倍)のスーパースローモーション撮影を実現。

◎また、撮影可能時間が従来の約2倍に進化したことで、

◎瞬間しか捉えることができなかったシーンでも、一連の動作として捉えることができるようになりました。

◎撮影フレームレート(240fps、480fps、960fps)と記録設定(24p、30p、60p)をそれぞれ指定することで、

◎4倍-40倍のスーパースローモーションが撮影可能。

◎録画スタートのタイミングは「スタートトリガー(MOVIEボタンを押してから一定時間を記録)」と

◎「エンドトリガー(MOVIEボタンを押すまでの一定の時間を記録)」の二種類から選択可能、

◎予測のできない一瞬の動きなど、撮影チャンスを逃しません。

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎動画5軸手ブレ補正(インテリジェントアクティブモード搭載)で手ブレを大幅に低減

◎5軸手ブレ補正にソニー独自のフレーム解析技術を加えた

◎「インテリジェントアクティブモード」搭載で、動く被写体を追いかけて撮影する際も、

◎フレームのがたつきがない滑らかな動画を実現。

◎手ブレ発生前後のフレームを解析してより強力に補正します

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎表現のこだわりに応える操作性

◎撮影意欲をかき立てる、高精細で高コントラストな収納式有機ELファインダー

◎コンパクトボディに、235万ドット相当の有機ELを採用した「XGA OLED Tru-Finder(トゥルー ファインダー)」を内蔵。

◎XGAの高解像度と自発光方式ならではの忠実な黒を再現する高コントラストが、

◎被写体を細部まで表示。さらに、T*コーティングを施すことにより、

◎外光の映り込みを低減し、すみずみまで高い視認性を実現しています。

◎アイセンサーも搭載し、ファインダー表示と液晶モニター表示の切り替えも自動。

◎また、ポップアップ式の構造なので、使用しないときは本体に収納でき、持ち歩きにも便利。

◎ファインダー収納時のカメラの電源ON/OFFの設定も可能です。

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎自分撮りも快適にできる、180度可動式液晶モニター

◎アングルやポジションの自由度を高める可動式の液晶モニターを搭載。

◎上方向は約180度、下方向には約45度まで角度調整ができるので、

◎ハイポジションからローポジションまで楽な姿勢で撮影できます。

◎また、自分撮りや友人とのツーショット写真の際も、

◎モニターを約180度反転させて構図を確認しながら、快適に撮影できます。

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎写真の仕上がりを設定できる「クリエイティブスタイル」

◎撮影シーンや意図に合わせて、画像の仕上がりを設定できます。

◎「ビビッド」や「夕景」などの13種類のモードから選択するだけで、

◎カメラが自動的に最適な画像処理と調整を行います。

◎コントラスト、彩度、シャープネスの微調整も可能。

◎また、静止画だけでなく動画撮影でも、「クリエイティブスタイル」を設定できます。

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎写真が個性的なアート作品になる「ピクチャーエフェクト」

◎ユニークな作品づくりを楽しめる「ピクチャーエフェクト」機能を搭載。

◎レトロな雰囲気で撮れる「レトロフォト」をはじめ、

◎「リッチトーンモノクロ」「ソフトフォーカス」「水彩画調」など、全13種類のエフェクトを内蔵しています。

◎パソコンで画像処理しなくても、カメラだけで印象的な作品をつくれます。

◎また、「トイカメラ」「ポップカラー」「ポスタリゼーション」「レトロフォト」

◎「ソフトハイキー」「パートカラー」「ハイコントラストモノクロ」は、動画撮影時にも使用できます。

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎上記の説明は全てSONYのホームページより抜粋

◎このカメラで写真撮影をすることはほとんど無いけど

◎動画に関してはこのサイズでこの機能があれば十分過ぎるほど…

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎今まで集めたFUJIFILMのレンズを有効利用出来るFUJIFILM X-E3

◎コンパクトで高性能動画性能を持ったSONY DSC-RX100M5

◎秘密兵器のスタビラーザーでやってみよう!

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎山口県インバウンドサポートプロジェクトとは

◎山口県のおもてなしをサポートしたり

◎山口県の「グルメ・風景・文化・体験・ひと」5つの基本テーマで世界に発信するプロジェクト!

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

デザインATOZの強みである「建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト」

◎の強みを活用して、世界に発信してきます!

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎まずは、コイツを使いこなせるようにならねば…

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎と言う事で、早速、唐戸にある夜の「はい!からっと横丁」へ!

◎夜間の撮影に強いSONY

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎出荷時の設定で手持ち撮影して

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎これだけキレイに撮れちゃいます

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎こんなに高性能だけどカメラが以上に小さいから持ち方が慣れない(笑)

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

◎早く、秘密兵器が来ないかなぁ…

YouTuberに人気のSONY RX-100M5は動画に特化したコンパクトカメラ!

SONY DSC-RX100M5
FUJIFILM X-E3

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

FUJIFILM X-E3

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF50mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-100T Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

X-E1、X-E2と使ってきた私ですが…今回発売されたX-E3の使い心地はいかに?

◎2017年9月28日に発売された「FUJIFILM X-E3

FUJIFILM X-E3の主なポイントは

◎「シリーズ最小・最軽量ボディと刷新されたデザインにより、携帯性と実用性を両立」

◎シリーズ最小(幅121.3mm×高さ73.9mm×奥行き42.7mm)・最軽量(337g)を実現。携帯性に優れ

◎日常や旅先での撮影で威力を発揮。また、縦横サイズの適切なバランスと手に馴染むグリップ形状の採用に加え

◎フォーカスポイントを瞬時に操作できる「フォーカスレバー」を搭載。

◎しっかりとカメラをホールドしたまま素早いフォーカス合わせが可能です。

◎ボディ天面には、シャッタースピード、露出補正の2つのダイヤルを搭載。

◎アルミ削りだしの金属製ダイヤルにより、上質な外観と心地よいクリック感を実現しました。

◎また、「オートモード切換レバー」を操作することで

◎シーンに合わせた最適な撮影条件をカメラが自動で設定する「アドバンストSRオート」となり

◎高画質な写真を簡単に撮影できます。

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎「究極の高画質と高い機動性を実現」

◎2430万画素の「X-Trans™ CMOS III」センサーと画像処理エンジン「X-Processor Pro」などとの組み合わせで

◎究極の高画質を生み出します。

◎さらに、像面位相差AFエリアの拡大とAFアルゴリズムの見直しにより

◎最速0.06秒の高速AF、ライブビュー撮影5.0コマ/秒の高速連写、起動時間0.4秒

◎シャッタータイムラグ0.050秒、撮影間隔0.25秒を実現。

◎また、画像認識アルゴリズム改善により、従来機種に比べ、被写体への追従性が向上。

◎被写体の動く速度が2倍、サイズが1/2となっても捕捉し、高い機動性を発揮します。

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎「高解像・高精細な4K動画撮影に対応」

◎フルHD動画撮影に加え、「Xシリーズ」の特長である「フィルムシミュレーション」を活かした

◎多彩な色調の4K動画撮影をお楽しみいただけます。

◎HDMIモニター出力や外部マイク入力も備え、本格的な動画撮影も可能です。

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎「「Xシリーズ」初のBluetooth®対応によるコネクティビティの強化」

◎「Xシリーズ」として初めてBluetooth® low energy技術を搭載。

◎スマートフォン・タブレット端末用アプリケーション「FUJIFILM Camera Remote」を介して

◎事前にペアリング登録した端末に簡単・即時に撮影した画像を転送できます。

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎「進化したタッチパネルによる直感的な操作性」

◎液晶モニターには高精細な104万ドット・3.0型の静電式タッチパネルディスプレイを採用。

◎従来の「タッチAF」や「タッチショット」に加え、上下左右のフリック操作により、

◎事前に割当てた機能を呼び出す「タッチファンクション」を新搭載。

◎さらに、電子ビューファインダー(EVF)を覗いた状態でもモニター上をドラッグ操作する事で

◎フォーカスエリア位置を移動させることができます。

◎また、タッチ操作の有効範囲は「全面」「右半分」「左半分」「OFF」での切換えが可能です。

◎(富士フィルムホームページより)

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎過去のBOSS BLOG カテゴリー「☆CAMERA」を見てみると

◎2013年6月21日に「FUJIFILM X-Pro1 がやって来た!!」と富士フイルムのカメラと出逢い

◎2013年10月21日に「FUJIFILM X-E1カスタマイズ完了」でX-E1をサブ機として使い始める…

◎2014年3月7日に「ゼロエンでX-E1からX-E2に変身!!」でWi-Fi機能が付いたX-E2に変身!

◎このWi-Fi機能付きX-E2の登場で私のSNSのチカラがかなりバージョンアップしました

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎その後、X-100Tの登場で

◎基本的にはX-Pro2やX-T2を仕事でもプライベートでも使用していました…

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎そして今回発売となった“MINIMALISM -ミニマリズム-”をコンセプトにしたFUJIFILM X-E3

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎Xシリーズには同じ様なポジションでX-T10やX-T20などもありますが

◎どうも私はあのフォルムに魅力を感じず…

◎X-Pro2が入院したこともあって、FUJIFILM X-E3購入決定!

◎早速、週末にFUJIFILM X-E3とレンズはXF35mmF2 R WRXF23mmF2 R WRXF50mmF2 R WRの三本を持っていざ出陣!

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎ずっしりと重みのあるX-Pro2やX-T2に慣れたせいか…

FUJIFILM X-E3のコンセプトである『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』が

◎逆に安っぽくなってしまっていて、ちょっと拍子抜け(苦笑)

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎シャッターの音もさすが富士フイルム!と言った趣のあるイイ音色を奏でていたが…

◎今回のFUJIFILM X-E3はおもちゃのようなシャッター音…

◎シャッターを押したときの感動や重厚感が無い…

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎ダイヤルやボタン類も随分シンプルに整理され

◎必要最小限という感じである

◎それが実現できたのもタッチパネルの進化のおかげだろう…

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎iPhoneの操作のように指をタッチしたり、スライドさせることで

◎写真をめくったり、拡大したり、メニューを出したり出来るのは便利…

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎もうひとつの便利機能が「フォーカスレバー」である

◎スティックによるダイレクトな操作で縦横斜めの8方向に移動することが出来る

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎X100TからX100Fへと進化させようと思っていたが

◎レンズが交換できないというところでなかなか行動に移せなかった…

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎でもこのFUJIFILM X-E3はX100Fの機動力を持ちながら

◎レンズが交換できるというメリットがある…

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

XF23mmF2 R WRのレンズを装着し

◎レンズをこちらに向け、自撮りをするのもFUJIFILM X-E3なら楽々!

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎スペックに関してはX-Pro2やX-T2と同様なので

FUJIFILM X-E3ならではのシチュエーション撮影が愉しめそう!

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎更にXシリーズのカメラでは動画撮影に興味は無かったけど

◎4K動画撮影が出来るこのFUJIFILM X-E3では、気軽に動画撮影が出来そうなのでちょっとチャレンジしてみようと思う

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

◎12月の韓国、中国への出張にはX-Pro2を持っていこうか

◎このFUJIFILM X-E3を持っていこうか、悩み中だけど

FUJIFILM X-E3XF35mmF2 R WRXF23mmF2 R WRXF50mmF2 R WRの三本で世界を見てこようかな(笑)

“MINIMALISM -ミニマリズム-” FUJIFILM X-E3 + XF35mmF2.0 『より小さく、より使いやすく、より高性能に。』

FUJIFILM X-E3
XF35mmF2 R WR
XF23mmF2 R WR
XF50mmF2 R WR
FUJIFILM X-T20
FUJIFILM X-Pro2
FUJIFILM X-100T

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

クリップオンストロボをカメラから離して光をつくろう!

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

Nissin DIGITAL

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF50mmF2 R WR

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

もしかしたら写真はカメラやレンズはどうでも良くて、光が一番大事だと…

◎写真を撮る時は夜でも昼でも暗いところでも絶対にフラッシュは使ってはダメです!

◎写真を撮る事にどっぷりとはまるようになってからは常に言っている言葉であり

◎私自身もどんな状況でもフラッシュを使うことは無く

◎写真コトが少し判るようになってからは、ちょっとした設定で

◎暗いところでも写真を撮る事が出来るようになってからは

◎一度もフラッシュを使ったことはありません…

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎でも、仕事でブツ撮りをする時は…

◎蛍光灯のライトボックスを使い被写体に光を当てて、撮影…

◎いわゆる、定常光を使うことで状態を見ながら手軽に光と影をつくるコトが出来るので

◎手軽と言う理由で使用しています…

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎でも、プロのカメラマンって…

◎ポートレートでもブツ撮りでも

◎「バシャ」「バシャ」ってストロボ使っているけど…

◎ライトボックスのような「定常光」とストロボのような「瞬間光」とは何が違うの?

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎そんな疑問を持ってから、ネットでググる毎日(笑)

◎そこから、見えてきたのは…

◎カメラ本体に付いているフラッシュは、パワーも弱いし

◎被写体に対して、真っ正面からしか光を発光しないので

◎順光の光だから、絶対にNGと言うのは当然…

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎興味があるのは、ストロボ本体をカメラから離して

◎斜め光、逆光で被写体に光を当てることが出来るというシステム…

◎YouTubeなどを見ていると、そんなシステムを組んだ撮影風景が沢山出てくるけど

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎私が持っているFUJIFILMのカメラで使うのに、どんなストロボを買えば良いのかさっぱり判らず…

◎当然、富士フィルム純正のストロボを買えば、カメラから離してストロボが使えると思いきや

◎それが出来ない事が判明…

◎裏ワザで、ストロボをまずカメラ本体に付け、もう一台のストロボを連動して発光する事が出来るらしいが

◎二台も買わないといけないの?

◎しかも、カメラ本体に付けたストロボも発光するのはどうするの?

◎発光のパワーを一番小さくするとか、カバーして光を出さないようにするとか…

◎非現実すぎて、全然判らないよ!!(苦笑)

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎何でも純正で無いといけないと思っている私の性格も手伝って

◎そこから先に進めず、ストロボ計画は座礁…(笑)

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎何冊か買ったストロボの本も判らないコトが判らないから、もうチンプンカンプン…

◎写真の時もそうだったけど、カメラを勉強しようと思っていたときに

◎何冊も何冊も写真の撮り方の本を買って読んだけど、待った理解できなかった

◎でも、写真教室に行ったら、判らないコトが判るようになり

◎そこから、本を見ても、動画を見ても「新発見」が沢山(笑)

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎やっぱり、本では無くて

◎判る人に聞くのが一番!

◎そう思って、教えてくれる人を探してみるが…

◎ストロボについて教えてくれる人がどこにもいないという問題にぶち当たる…

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎やっぱり、ストロボ計画座礁…(涙)

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎そんなある日…

◎偶然見つけたストロボのYouTube…

◎ポートレートを専門に撮っているプロのカメラマンが

◎YouTubeで写真の撮り方をアドバイスしてくれる動画を発見…

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎そのカメラマンは外国人だけど、流暢な日本語で

◎動画を見ているだけでも愉しいし

◎魅力的な内容とキレイな写真に引き込まれ

◎沢山ある動画を一気に見てしまった(笑)

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎そこから得たヒント…

◎写真で大事なのはカメラでもレンズでも無い「光をつくること」

◎色んな光をつくるコトが出来れば、自分のイメージは広がり

◎もっともっとステキな写真が撮れるはずだと…

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎そして、ストロボは

◎何のメーカーでも良いんです…

◎TTL自動調光を使うなら、適用する機種でなければいけないけど

◎そうで無ければ光れば良いんだと…

◎ところで、TTL自動調光って何?

◎被写体までの距離や、画面上での位置・大きさ・明るさを瞬時に判断し、シーンに最適な発光量・感度に調整する

◎つまり、カメラが自動に状況に合った光を出してくれるという便利な機能なのですが

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎YouTubeの彼は言います

◎どうして、自分の作品にエンジニアが関わらなければならないのかと…

◎やはり、ストロボの光も強い光、弱い光、広く、狭くなど…

◎マニュアルで自分で決めたいと…

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎なるほど、面白そうだ…

◎今まで自分が思っていたフラッシュという概念とは全然違うし

◎今までやって来たライトボックスを使った定常光でつくった光の概念も…

◎色んなコトがつながって来た様な気がする…

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎でも、そうなると「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の

◎3つの要素をしっかりと理解しないといけないし

◎更にそこに「ストロボの光量」も関連してくるし…

◎知らないことが沢山出てきて、大パニック(笑)

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

◎そう、今回…

◎カメラから離してストロボを光らせるシステムは揃えることが出来ました(笑)

◎ここから、先に進むには…

◎写真の基本をしっかりと理解しなければいけない…

◎とりあえず、手探りでやってみますか!

◎何だか、ワクワクすっぞ!

クリップオンストロボをカメラから話して光をつくろう!

Nissin DIGITAL(ニッシンデジタル)
Di700A(スピードライト)Air1(コマンダー)富士フィルム用

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

XF35mmF2、XF23mmF2、XF50mmF2小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

FUJINON Lenses XF50mmF2 R WR

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-100T Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

ポートレート撮影やスナップ撮影に最適な中望遠レンズ

◎2015年11月19日に170gの小型軽量と高速AFにより、

◎軽快なスタイルで撮影を楽しめる高性能単焦点レンズとして発売されたXF35mmF2 R WR

◎Xシリーズが発売された当時からあるXF35mmF1.4 Rとの棲み分けをどうするのか?

◎確かにサイズはコンパクトになったけど、XF35mmF2 R WRを買う必要はあるのか?

◎など、発売当初は賛否両論あったが

◎実際に手にしてみると、設計も新しいだけに高速AFにより軽快に撮影が出来

◎サイズもコンパクトだから、持ち運びに便利

◎そして、解像感にあふれるシャープな描写と豊かなボケ味で写真表現を楽しめるレンズとして

◎高評価を得た…

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎2016年10月6日、180gの小型軽量・スタイリッシュなデザインで、最速0.05秒の高速AFが可能な

◎35mm相当(35mm判換算)の焦点距離の、明るい開放F値2.0のレンズ

XF23mmF2 R WRのブラックモデル発売

◎2017年2月16日シルバーモデルが発売された…

◎もちろんXF23mmF1.4 Rは所有していたけど、迷わずにXF23mmF2 R WRシルバーを購入…

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎そして、今回…

◎小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作のシリーズラストを飾る

XF50mmF2 R WRが発売された…

◎ポートレート撮影やスナップ撮影に最適な中望遠レンズ「フジノンレンズXF50mmF2 R WR」は、

◎明るい開放F値2.0、焦点距離76mm相当のレンズで、

◎豊かなボケ味を実現。

◎200gの小型軽量・スタイリッシュなデザインで高速AFが可能なため、

◎軽快なスタイルで撮影が愉しめるレンズである。

XF35mmF2 R WRXF23mmF2 R WR共にフィルターサイズが43mmだから

◎オプションのレンズフードが装着できるが、このXF50mmF2 R WRだけがフィルターサイズが46mmあり

◎同包されているプラスティック製の筒状フードとなるのが好ましくない…

◎ちなみに写真の三姉妹… 真ん中のXF23mmF2 R WR

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様である…

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎レンズ沼にはまり、レンズが増えてくると、毎回の撮影にどのレンズを使うか迷う(笑)

◎私の中で、仕事でのポートレートの時は

FUJIFILM X-T2 グラファイトシルバー エディションXF56mmF1.2 Rと決めている…

◎F1.2の大口径を活かした美しい背景ボケを表現できる、ポートレート撮影に最適なレンズとして信頼できる

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎プライベート優先であるFUJIFILM X-Pro2 Graphite Editionには

◎ボディサイズ、重量ともに大きいXF56mmF1.2 Rよりは

◎このスタイリッシュレンズ三姉妹が似合う…

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎レンズの色はブラックの方がしっくりと来るような気もするが

◎ここはやはりシルバーで統一(笑)

◎写真の写りよりも見た目にこだわりたい私である(笑)

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎使いこなしていたわけでは無いが、ある時期

◎GXR+GR LENS A12 50mm F2.5 MACROを使っていた頃から

◎50mmという画角がわりと好きだった…

◎だから、今回発売されたXF50mmF2 R WRはポートレートの時に一番しっくりくるレンズだと思う

◎今度の週末に姫さまを撮るのが楽しみである(笑)

XF56mmF1.2 RXF50mmF2 R WRのサイズがこれだけも違うと持ち運びに影響が…

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎そして、最近私が気に入っていて毎日持ち歩いているのが

◎同じ50mm画角のZEISS Touit 2.8/50Mである…

◎お気に入りの50mm画角にマクロレンズという組み合わせ…

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎ただし、フジのレンズで無いというところが引っ掛かる(笑)

◎筒の長さも長いのでカメラバックに入れるのも場所を取る(笑)

ZEISS Touit 2.8/50Mの出番はほとんど、グルメ写真のとき(笑)

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎同じ画角でマクロとマクロじゃあ無いのとでは

◎使い勝手にどんな支障が出るのか… 撮り比べるのが楽しみですね。

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Editionに装着した感じは

◎やっぱり、XF50mmF2 R WRの方がしっくり来るかな(笑)

◎こうやってみると、プラスティック製のチープなレンズフードも意外に良いかも

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎ファインダーを覗くと、50mmという画角がやっぱり気持ち良い…

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎三姉妹の中では一番長いけど

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎暫くはこれがメインレンズとなりそうです…

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎少し離れたところから、こっそりと撮るような雰囲気の写真になりそう(笑)

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎レンズによって撮り方が変わり

◎レンズによって写真が変わる…

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎何だかとってもワクワクします…

◎だって、カメラやレンズによって世界が変わるんですから…

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎このシリーズの良いところは写りもいいですが

◎価格も比較的お手頃であると言うところ…

◎このシリーズを揃えて、気軽にレンズ交換するのも良いかもしれないですね。

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎ちょこっと作例…

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎少し加工してます(笑)

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

◎そして、おまけ(笑)

XF50mmF2 R WRのファーストショット(笑)

XF35mmF2、XF23mmF2、そして今回XF50mmF2が登場して小型軽量スタイリッシュレンズシリーズ三部作が完成

XF50mmF2 R WR
XF23mmF2 R WR
XF35mmF2 R WR
FUJIFILM X-Pro2
FUJIFILM X-T2

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-100T Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

DSCF8671

国内1,000台限定発売さらに高まる機能美と高級感

FUJIFILM X-Pro1に出逢って私の人生は変わったと言っても過言では無い…

◎というタイトルを付け2016年8月4日に書いたBOSS BLOG…

◎ホントに確かに過言では無い…

◎商業施設をメインとしてバブル時代に飲食店やラブホテル、ゴルフ場やサーキット場などを

◎デザインしていたデザイン事務所に就職…

◎その後、私の師匠でもある社長が交通事故で他界…

◎会社は解散…

◎若気の至りと言う事で、1990年5月商業デザイン設計施工のデザイン事務所を起業…

◎その頃にはバブルもはじけ、設計施工の仕事なんて殆ど無い状態…

DSCF8666

◎その時に私を助けてくれた道具は「Macintosh」でした…

◎当時、建築業界では手で描くドラフターからCADへと移行している時期でしたが

◎CADソフトとコンピューターを揃えるだけでも1千万円近いお金がかかる時代でした…

◎そんな中、私が手にした道具は「Macintosh」

◎建築業界ではWindowsが主流だった頃、Macintoshはどちらかというとグラフィック系

◎だから、Macintoshで図面を描くことは出来ませんでした

◎でも、その代わり…

◎グラフィックが得意なパソコンだから、おのずと仕事の内容は

◎ロゴマーク制作やチラシづくりなどの仕事が増えるようになり

◎今の「建築」と「グラフィック」と「WEB」の三本柱の内

◎二本がこの頃から培われていくようになるのです…

◎まさに、私にとってMacintoshとの出逢いは私の人生を変えたと行っても過言では無い

◎道具のひとつでした…

DSCF8610

◎建築の仕事が無かった私にとって

◎Macintoshがあることで、印刷やグラフィックデザインの仕事で

◎会社を運営することが出来たのです…

◎それから、Macintoshは進化を遂げ

◎イラストレーターやフォトショップ、3D制作ソフトのShadeなどを使いこなすことによって

◎完成がイメージしにくい建築業界に

◎一般の人でも判り易いプレゼンテーション力が備わり

◎そのプレゼンテーションのチカラを使うことで建築の仕事を取ることも出来るようになりました。

DSCF8640

◎当時、大金を使ってCADソフトを入れた建設会社とは全く違う方向へと進みました

◎結果として、それが良かったのかどうかは判りませんが

◎少なくとも今の有限会社デザインATOZがあるのは

◎当時、建築の仕事が無く、1千万円近く掛かるCADソフトとWindowsが買えなくて

◎Macintoshを購入したからです。

DSCF8617

◎それから、数十年が経ち…

◎私に二つ目の人生を変えた道具との出逢いがありました…

◎それが、FUJIFILM X-Pro1なのです…

◎それまでにも、Canonというカメラを使っていましたが

◎それは、単なる道具だった…

◎その後、GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITIONGXR+GR LENS A12 50mm F2.5 MACROLEICA D-LUX4

SIGMA DP1 MerrillSIGMA DP2 MerrillSIGMA DP3 Merrillなど個性的なカメラも使ってきましたが

◎この富士フィルムのカメラの様な気持ちとはちょっと違うんです…

DSCF8618

◎私の仕事である商業施設の建築デザイン設計施工は

◎基本的には一般の方々と接する事は無く

◎裏方の仕事…

◎新しいお店が出来ても

◎どんな雰囲気のお店?

◎何が美味しい?

◎お値段はどう?

◎みたいなことは知りたいと思うでしょうけど

◎誰がつくったの?誰がデザインしたの?

◎などという質問は同業者かオーナーぐらい(笑)

◎まあ、一般的に私たちが仕事のことを発信する何て言うことはありません…

DSCF8619

◎でも、もともとインターネットに興味があり

◎石原プロにあこがれ、ジャッキーチェンの映画にはまり

◎所謂、映像が好きだった少年は…

◎この富士フィルムのカメラと出逢うことで

◎映像表現することを手に入れ、SNSで発信することで

◎一般の方々に知られることも無い建築業界のウラ側を知ってもらい

◎表舞台に出ることが出来る様になったのです…

DSCF8620

◎きっと、それは

◎写真が上手とか、写真のテクニックがあると言うことでは無く

◎何を表現すればいいのか…

◎何を伝えれば良いのか…

◎どう伝えれば良いのかを判っているからこそ

◎それを表現することで、伝えることが出来るのではないかと思うのです…

DSCF8621

◎私はプロのカメラマンでは無いので、撮った結果と言うよりも

◎撮るプロセスの方が大事だったり、撮る前が大事だったりするのです…

◎その為のアイテムとして、この富士フィルムのXシリーズは

◎そのカメラが持つ、雰囲気や佇まい、クラシカルなデザイン、どこか懐かしい空気感が

◎その場の雰囲気をつくってくれるのです。

DSCF8622

◎もうひとつ、プロのカメラマンで無い私にとって

◎とても重要なこと…

◎それは、カメラの性能が良いと言う事…

◎画素数がどうとか、連写機能が優れているとか

◎そう言ったコトでは無く、

◎どんなシチュエーションでもしっかりと私がイメージしている「絵」が撮れること

◎使う人間のスキルアップは勿論ですが

◎カメラの技術力のどんどんアップしている昨今…

◎カメラの進化で誰が撮っても思い通りの写真が撮れる時代になっています

◎でも、大切なのは「何を撮りたいか」「どんな絵を撮るのか」です

◎それが無ければ、カメラが勝手にキレイな写真を撮っているだけ

◎デザイナーで無いひとが、最新のパソコンとソフトを手に入れて

◎写真を並べたり、文字を加工したりしてデザイナーになった気分になるのと同じ(苦笑)

◎優秀な道具は必要ですが、最終的にはそのひとのセンスだと思うのです…

DSCF8626

◎話はFUJIFILM X-Pro2から大きく外れましたが

◎改めて、このブログを書きながら

◎私はふたつの道具との出逢いで大きく人生が変わったんだなぁと改めて思いました…

DSCF8627

◎2017年3月に登場した

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様

◎先だって発売されていたFUJIFILM X-Pro2のブラックモデル

◎もちろん、私はこのブラックモデルを手に入れ

◎限定のFUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様が発表されたときも

◎そんなに興味は湧かず、むしろブラックモデルの方が格好いいとも思っていて

◎限定をGETしないのなら、XF23mmF2 R WRのシルバーも必要だと手に入れました…

◎ところが、状況は変化…

◎結局、FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様をGETすることになる…

DSCF8628

◎それまで、限定のグラファイトの色が

◎ブラックボディに比べ、なんかぼけているというか、締まりが無いように思えていたけど

◎こうやって、ホンモノを手にすると

◎けっして華美な「シルバー」ではなく、かといって無個性な「ブラック」でもない。

◎それは、光の角度によって、見る人の意識によって様々に変化する「色」だ。

◎グラファイトという色にしか表現しえない重厚感と美しさ。

◎複雑で繊細な工程を経て実現するからこそ、その色は特別な輝きを放つ。

◎ブラファイトに惚れ惚れする…(笑)

DSCF8629

◎FUJIFILM X-Pro2と、カメラボディと同色に塗装した

◎「フジノンレンズ XF23mmF2 R WR」

◎およびレンズフード「LH-XF35-2」

◎外観の統一感、高級感がより一層高まり、

◎所有する喜びを感じることができるミラーレスデジタルカメラとなった…

DSCF8632

◎Xシリーズでは最大となる2430万画素新開発APS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」を初搭載。

◎XFレンズとの組み合わせで、実際の画素数を上回る解像感を実現。

◎また、位相差画素の配置エリアを拡大したことで

◎高速・高精度な位相差AFがより広い範囲で使えるようになったほか、

◎画素数を大幅に増加させつつもさらなるノイズ低減を実現し、

◎拡張感度域であったISO12800を標準感度として

◎使用できるレベルまで高感度性能を改善。

DSCF8635

◎色再現の根幹「フィルムシミュレーション」

◎フィルム製造を通して培った色作りの哲学を注ぎ込んだフィルムシミュレーションは、

◎被写体や撮影シーン、表現意図などに合わせて豊かな色再現と階調再現を、

◎まるでフィルムを交換するような感覚で使い分けることが出来ます。

◎「PROVIA/スタンダード」「Velvia/ビビッド」「ASTIA/ソフト」など、全15種を搭載。

DSCF8644

◎今回新しく追加されたACROS

◎超微粒子で知られる白黒フィルム「ACROS」の名を冠した新フィルムシミュレーション。

◎より滑らかな階調、引き締まった黒、美しい質感再現が特徴。

◎一般的な白黒モードとは一線を画する超高画質な黒白写真表現が可能です。

DSCF8646

◎更にグレイン・エフェクトを選択することで

◎フィルム写真が持つ独特の粒状感を再現する機能。

◎「強」「弱」の2段階から効果を設定でき、

◎全てのフィルムシミュレーションと併用できます

◎。RAWデータからカメラ内RAW現像で付加することも可能。

DSCF8647

◎アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー

◎ 「ファインダーを覗いて撮る」という行為は、 写真家の欲求の根源に存在し続けている。

◎ 初代機が誕生したときから、「覗いて撮る」ということをコンセプトに掲げてきたXシリーズは、

◎OVFとEVFのアドバンテージを融合させた3種のファインダースタイル

◎「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」へ到達した。

◎世界で唯一のファインダーで、撮影の原点へ帰ろう。

DSCF8651

◎撮影者をサポートする実用至上主義の操作系統

◎一瞬のシャッターチャンスをものにするため、ファインダーから眼を離さない。

◎この思想を具現化するため、全操作系統を右手側に集中。

◎そして、主要な露出設定はダイヤル式で、指先の感覚で設定の加減が判断できると同時に

◎電源オフでも次のシャッターチャンスに備えられる。

◎FUJIFILM X-Pro2に息づくスナップへの愛情。

◎操作系統が手になじんだとき、名作が生み出される。

DSCF8653

◎「C」ポジション搭載の露出補正ダイヤル

◎使用頻度が高い露出補正はダイヤル式。

◎±3段、1/3ステップで露出補正が行え、ファインダーを覗きながらでも操作しやすいローレット形状を採用。

◎「C」ポジションを選択すれば、フロントコマンドダイヤルで±5段までの露出補正に対応します。

DSCF8654

◎ISOダイヤル内蔵のシャッターダイヤル

◎シャッターダイヤルには、往年のフィルムカメラを

◎彷彿とさせるISOダイヤルをダブルファンクション式で搭載しています。

◎シャッターダイヤルの外周部を持ち上げることでISO設定が可能。

◎露出に関する全ての設定をダイヤルで行うことができます。

DSCF8655

◎「フジノンレンズ XF23mmF2 R WR」は、

◎独自開発の「X-Trans™ CMOSセンサー」シリーズの性能を

◎余すことなく引き出す高い解像性能を持つ広角レンズです。

◎非球面レンズ2枚を含む6群10枚構成の光学設計による小型軽量化と、

◎インナーフォーカス方式、ステッピングモーター駆動により静音かつ高速のAFを実現しています。

◎外装には金属製パーツを全面に用い、高級感と堅牢性を兼ね備えたスタイリッシュなデザインを採用。

◎絞りリングやフォーカスリングの使用感も追求し、快適な操作性を発揮しています。

◎さらに防塵・防滴・-10℃の耐低温構造のタフネス性能も実現しており、

◎アウトドアなどあらゆる撮影シーンでお使いいただけます。

DSCF8657

◎ひょんな事から、1,000台限定のFUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様を手にした私

◎実物を見るまではブラックボディの方が格好いいと思っていたけど

◎実際に実物を目にすると、何とも言えない輝きが美しい…

FUJIFILM X-Pro2のボディラインにしっかりとマッチしている

DSCF8638

◎今回はカメラストラップもYOSEMITE CAMERA STRAP ヨセミテ・カメラストラップ

◎MOUNTAIN BLACK(マウンテンブラック)という

◎ドライ加工された肌触りのよい高強度クライミングロープを使用して

◎日本の職人が一本一本手作業で仕上げる、素材にこだわり抜いたストラップにしました

◎ストラップの長さは126cm/ロープ径9mmとかなり長めですが

◎長さはロープを結ぶ事によって調節可能。 大きく結べばハンドストラップとしても活用できます。

◎そして、今回は三姉妹とも赤いシャッターレリーズボタンを装着

◎ちょっとグラグラ感が激しくて、もしかしたら落ちるかも知れないけど

◎何かグッと色っぽくていい…

DSCF8668

DSCF8669

DSCF8670

DSCF8671

DSCF8675

DSCF8676

◎私の人生を変えた「X-Pro1+35mmF1.4」と

◎娘に譲った「X-Pro2+35mmF2.0」

◎そして、今回新しくやって来た「FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite仕様

DSCF3138

◎富士フィルムの基本概念である

◎開発当時からの基本デザインは変えないという概念…

◎私は共感出来ます…

◎さあ、これからこのファインダーを覗くとそこにはどんな世界が待っているのでしょうか…

DSCF3130

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

FUJIFILM X-T2
XF10-24mmF4 R OIS
FUJIFILM X-Pro2
XF23mmF2 R WR

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-100T Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

◎2016年3月と9月に富士フィルムの最上位フラッグシップ機の

◎「FUJIFILM X-Pro2」と「FUJIFILM X-T2」を発売

◎どちらも同じ、2,430万画素のAPS-Cサイズ X-Trans CMOS IIIセンサー(原色フィルター採用)と

◎高速処理が可能な画像処理エンジン「X Processor Pro」を搭載。

◎全てが大きく進化…

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎そして、2017年2月と3月…

◎共にグラファイトエディションが登場…

◎「FUJIFILM X-T2 グラファイトシルバー エディション」は、「X-T2」の特長をそのままに

◎「FUJIFILM X-T1 グラファイトシルバー エディション」でも好評だった

◎多層塗装により重厚感と高級感を兼ね備えたモデル。

 

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎カメラ本体に、専用アクセサリーである、高級本革ストラップやアルミ製のホットシューカバー

◎ボディと同色のクリップオンフラッシュ「EF-X8」をセット。

◎ボディの質感に徹底的にこだわり、塗装・焼付けの工程を3度繰り返す多層塗装。

 

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎1コート目は、マグネシウム製のトップカバーにマットブラックの下地塗装。

◎黒い下地がシャドー部の色を引き締め、ハイライト部を際立たせ。

◎2コート目では、「薄膜多層コート技術」によるグラファイトシルバーカラーに塗装。

◎高い平滑性と高級感のある輝きを実現。

◎3コート目では、クリア塗装を施し、ツヤ感のある外観に仕上がっています。

◎(富士フィルムHPより)

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎前回、FUJIFILM X-T1を購入して、暫くしてから

◎「グラファイトシルバー エディション」が発売された経緯があったので

◎今回は、FUJIFILM X-T2が発売されても購入せずに

FUJIFILM X-T2 グラファイトシルバー エディションが発売されるまで待ちました(笑)

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎FUJIFILM X-T1と基本的なデザインは変わっていませんが

◎サイズで言えば、「FUJIFILM X-T2」は「FUJIFILM X-T1」より

◎幅3.5mm、高さ2mm、奥行き2.5mm、質量67gの若干大型化。

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎シャッタースピード、ISO感度、露出補正、ドライブモード、測光モードなど基本操作はダイヤル式で統一。

◎電源がOFFの状態でも設定を変更することができ、次の撮影に備えることができます。

◎誤操作防止の為、シャッタースピード、ISO感度ダイヤルには、ロック&リリースボタンを採用

◎ダイヤル自体を高くするなど、「X-T1」から操作性の改善を図る。

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎カメラ背面に「フォーカスレバー」を搭載。

◎スティック操作で瞬時に、縦・横・斜めの8方向へフォーカスエリアを移動させることが可能。

◎このフォーカスレバーを一度でも使うと便利すぎて付いてないのはあり得ないほど(笑)

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎背面液晶には、「Xシリーズ」初となる3方向チルト方式を採用。

◎横位置撮影時の上下チルトに加えて、縦位置撮影時も上方向チルトが可能。

◎レンズの光軸上に液晶が位置するため、ハイアングルやローアングルでも快適に撮影が可能。

◎通常時は、ボディにすっきりと収納され、デザイン性を損ないません。

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎独自開発のAPS-Cサイズ「X-Trans™ CMOS III」

◎センサー(2430万画素、ローパスフィルターレス)を搭載。

◎非周期性の高い独自のカラーフィルター配列により、

◎光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑えます。

◎解像感を損なう原因にもなっていたローパスフィルターが不要となることで、

◎フジノンレンズが持つ本来の解像力が最大限に発揮。

◎高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」との組み合わせにより、

◎ワンランク上の画素数、サイズを持つセンサーに匹敵する写真画質を実現。

 

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎写真フィルムの開発で培った独自の色再現技術は、温かみのある人肌、

◎抜けるような空の青色、鮮やかな木々の緑色などを、記憶色に近い美しい色で再現。

◎フィルムシミュレーション機能に、「ACROS」モードを追加。

◎「X-Processor Pro」の高い処理能力により、従来のモノクロモードを凌駕する滑らかな階調、

◎引き締まった黒、美しい質感再現でモノクロ写真表現が可能。

◎フィルム写真が持つ独特の粒状感を再現する「グレイン・エフェクト」機能を搭載。

◎「強」「弱」の2段階で設定でき、全てのフィルムシミュレーションと併用可能。

◎主にプリント時に、フィルム写真のような効果を手軽に再現することができます。

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎起動時間0.3秒、シャッタータイムラグ0.045秒、撮影間隔0.17秒など基本レスポンスを極限まで短縮。

◎撮影者の意図通りに動くカメラを追求。

◎AF-Cカスタム設定を搭載

◎AF-C設定時の動体追従性能をより高精度にするため、AF-Cアルゴリズムを大幅に改良。

◎被写体の動きに合わせて、AFパラメーターのうち

◎「被写体保持特性」、「速度変化追従性」、「ゾーンエリア特性」の3要素を、

◎それぞれの設定画面から細かくセットすることが可能。

◎また、3要素をあらかじめ組み合わせた5パターンのプリセットから被写体の動きに合わせて即座に選択することも可能

 

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎Xシリーズ初となる4K動画撮影に対応

◎独自開発のセンサーと画像処理エンジンで、4K映像(3840×2160)に必要な画素数の約1.8倍、

◎フルHD映像(1920×1080)も約2.4倍の画素数を凝縮しても、

◎モアレやジャギーの少ない高画質を実現。

◎また、4K動画、フルHD動画ともに100Mbpsの高ビットレート記録に対応。

◎圧縮ノイズの少ない高解像の撮影が可能。

◎静止画撮影で好評のフィルムシミュレーションをそのまま動画撮影時にも使用でき、

◎「クラシッククローム」モードによる、深みのある色合いと豊かな陰影を表現したドキュメンタリー調の映像や、

◎「ACROS」モードによる滑らかな階調、引きしまった黒での高画質なモノクロ映像など

◎9種類の多彩な表現を愉しめる。

◎フィルムシミュレーションをベースに

◎ハイライトトーン、シャドウトーン、カラー、シャープネスの調整も可能。

◎4K映像のHDMIクリーン出力や、センサーの持つ広いダイナミックレンジを活かし、

◎撮影後に色や輝度などの編集が可能な、広色域で撮影を行う

◎Logガンマ「F-Log(エフログ)」モードの選択も可能で、映像制作をサポート。

 

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎機能説明は全て富士フィルムのホームページより引用しておりますが

◎見た目のデザインは若干大きくなったぐらいで

◎持ち比べてもほとんど判らないくらい(笑)

◎でも、中身は劇的進化を遂げています…

◎仕事で使うメイン機は「FUJIFILM X-T2」そして、サブ機に「FUJIFILM X-T1」を使うつもりでしたが

◎両機の差にストレスが出そうな感じ…

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎FUJIFILM X-T1は高精細で、倍率0.77倍の大きなファインダーなので

◎マニュアルフォーカスで撮影するオールドレンズの時は、

◎老眼の私にとって便利なカメラである…

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎カメラ本体を撮ってみたくなるカメラって

◎富士フィルムのXシリーズぐらいしか無いような気がしますね…

◎開封したカメラを事務所のソファーに並べ、いつものブツ撮りライティングセットを設置し

◎撮影をしている姿は…(笑)

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

◎今回は赤いレリーズシャッターボタンも付け(笑)

◎ひとりで萌えです

◎さあ、このカメラでどんなコトづくりが出来ていくか…

◎ワクワクしちゃいます…

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

XF10-24mmF4 R OIS

◎目の前に広がる風景を見た目以上の迫力でとらえ、

◎狭い室内でも空間を広々としたイメージで撮影できる超広角15mm(35mm判換算)から、

◎標準レンズとしてもお使いいただける36mm(35mm判換算)までの汎用性の高い2.4倍ズームレンズです。

◎ズーム全領域で開放F4.0での撮影が可能で、どの画角でも、変わらぬ絞り値で、安定した撮影が可能です。

◎強力な光学手ブレ補正搭載により、光量の少ない室内や夕景などで、手持ちでの撮影領域を広げます。

◎フォーカスレンズなどを軽量化し、ステッピングモーターを採用したことで、高速AFと静音化も実現しました。

◎また、最短撮影距離24cmを生かし、手前の小さい被写体をクローズアップしながら、

◎背景を同時に写しこむことができ、超広角の利点をさらに生かした迫力ある表現をお楽しみいただけます。

◎富士フィルムのホームページより

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver EditionとXF10-24mmF4 R OIS

FUJIFILM X-T2
XF10-24mmF4 R OIS
FUJIFILM X-Pro2
XF23mmF2 R WR

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

RICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition+XF23mmF2 R WR Graphite

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-100T Silver

Copyright (C) DESIGN ATOZ. All Rights Reserved.

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

撮影者の眼と手と心と同化し、その一瞬の中に見出した”真”をアートに写せる道具である

◎まだまだ今ほどカメラの知識が全く無い頃…

◎BOSS BLOG用の写真を撮るために常に携帯していたカメラ…

◎LEICA D-LUX4、RICOH GRXとコンパクトカメラを使っていたけど

◎某写真サイトを見ていて見付けたのがこのカメラ…

◎RICOH GR DIGTALだった…

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

◎そのサイトにはこのカメラで撮った魅力的な写真が沢山並んでいて

◎撮るコトの愉しみが書き綴られていた…

◎丁度その時期に発売された限定カラーモデルGR DIGITAL IVホワイトエディションに心奪われ

◎白いドレスの彼女と毎日を共にした…

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

◎当時、使っていたボタンは…

◎電源ボタンとマクロボタンとシャッターの3つ(笑)

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

◎単焦点28mmの広角レンズということも意識せずに

◎ただ、ナナメにあおる写真ばかり(笑)

◎F1.9の大口径レンズだけど、偶然にボケたり、ボケなかったり(笑)

◎絞りも露出も一切触らず… というか、それが何かも判ってなかった(笑)

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

◎画像設定をハイコントラスト白黒やブリーチバイパスモードの切り替えるだけで

◎アートな写真が撮れる、最強のスナップシューターのカメラ…

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

◎カメラのことがちょっと判った今…

◎改めてこのカメラを持つと、全く新しいカメラを持った様な気分です(笑)

◎さすがにスペック自体は一昔前のものなので

◎Wi-Fiも使えないし、画素数も小さし、起動も遅いけど

◎今まで実は使いこなせていなかった分、何だか愛おしくなってきました…

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

◎森山大道先生の様なストリートスナップを撮ってみようかなぁ…

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

最強のスナップシューターRICOH GR DIGITAL Ⅳ WHITE EDITION

限定カラーモデルGR DIGITAL IVホワイトエディション

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい…

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

きっと君はこのカメラを持って広い世界に飛び出すだろう

◎私は写真を撮る事の愉しさを知ったとき…

◎私の人生は大きく変わったような気がします…

◎カメラを持って、写真を撮る事で色んな世界が広がりました…

◎時にはカメラでそのシーンをそっと切り取り、自分だけのモノにしたり…

◎時にはカメラでそのシーンを思いっきり切り取り、多くの人たちと共有したり…

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

◎夏休みに一緒にカメラさんぽした

夏のおもいでの旅 海遊館編

夏のおもいでの旅 USJ編

◎この時に三人で使ったFUJIFILM X100Tとどっちが良いか悩んだけど…

◎きっと君はレンズの特性を理解して、使いこなし

◎色んな写真を撮るだろうと思い…

◎レンズ交換カメラのFUJIFILM X-T10を選びました…

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

◎レンズは、FUJIFILM X100Tと同じ画角のXF23mmF2 R WR

◎でも、このふたつは全くの別物…

◎まるで二人の個性、そのものの様な気がする(笑)

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

◎また三人でカメラさんぽ行きたいね。

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

◎誕生日おめでとう!

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

私が愛しているあなたに写真の愉しさを伝えたい...FUJIFILM X-T10

FUJIFILM X-T10
XF23mmF2 R WR

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

 

Xシリーズのメンテナンスしてもらって新商品を眺められる富士フィルムサービスステーション

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

スペックはネットでも調べられるけど、やっぱり実物見てみたい

◎FUJIFILMのカメラに囲まれシアワセな毎日を過ごしていますが(笑)

◎去年から登場した新製品へと切り替えるために色々準備を…

◎まずは、大事な息子と娘に譲るカメラと

◎これからも引き続き使うカメラのメンテナンス…

◎その為に福岡サービスステーションへとやって来ました!

◎なかなか富士フィルムさんに貢献してますよ(笑)

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

◎入口に堂々と鎮座しているFUJIFILM GFX 50S

◎私は全く興味が無いですが、話の種に構えてみました…

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

◎FUJIFILM GFX 50Sは、世界最高レベルの「写真画質」に到達した。

◎5140万画素の圧倒的解像力と階調性能、進化した色再現と高性能レンズ。

◎頂点を極めた最上画質を目にすることで、カメラに求めるもの、

◎写真を撮り続ける意味が自ずと見えてくる。

◎手にした瞬間、取り巻く世界が変わる。

◎それが富士フイルムの新中判ミラーレスカメラシステム、「GFX」。

◎富士フィルムホームページより…

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

◎さて、話は本題へ…

FUJIFILM X-Pro2を手にした私…

◎国内1,000台限定発売のGraphite Editionが登場したけど

◎今回は購入を見送ろうと、シルバーのXF23mmF2 R WRを装着して

◎ブラックFUJIFILM X-Pro2を愉しんでいました…

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

◎ところが、状況は一転…

◎国家的陰謀が働き(笑)

◎国内1,000台限定発売のGraphite Editionを購入する事に

◎ただ、ネットやパンフレットを見る限り

◎このGraphite Editionの色味がどうもしっくりこなくて

FUJIFILM X-Pro2はやっぱりブラックの方が格好いいのではないかと…

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

◎でも、国内1,000台限定発売のGraphite Editionを購入しなければいけないので

◎何はともあれ… ホンモノ見てみたい!

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

◎更に今回購入するFUJIFILM X-T2

◎これは、前回同様Graphite Silver Editionで決定!

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

◎やっぱり、ブラックとシルバーのツートンは美しい…

◎どうして、シルバーツートンに惹かれるのか…

◎最近やっと気づきました…

◎それは、私の青春である太陽にほえろ!で神田正輝氏演ずるドック刑事の拳銃が

◎S&W M59シルバーモデルだったからなのです

◎ちなみにホルスターは茶色のバックサイドホルスター…

◎だから、茶色の皮系が多いんだなぁ(笑)

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

◎さて、FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Editionは決定したとして…

◎問題は、この次にやって来るであろう…

FUJIFILM X100Fである。

◎通常なら迷わず、シルバーなのだろうが…

◎今回はFUJIFILM X-Pro2 Graphite Editionのグラファイトカラーが濃いから

◎三台を並べたときの雰囲気がどうか気になるところである…

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

◎シルバーのFUJIFILM X100Fを並べた時の図

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

◎ブラックのFUJIFILM X100Fを並べた時の図

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

◎シルバーにするかブラックにするか…

◎超悩みところである…

◎でも、他のメーカーのカメラでこんな悩みで愉しめるでしょうか?

◎カメラのデザインでも愉しめるFUJIFILMのXシリーズの魅力はこんなとこにもあるのです

X-Pro2ブラックをお嫁に出すからメンテナンスしてもらって、X-Pro2とX-T2をグラファイトにしたらX100Fはブラックが良いのかシルバーが良いのか迷う件

福岡サービスステーション 福岡県福岡市博多区住吉3-1-1 富士フイルムビル1F 電話092-271-7300
FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition
FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition
FUJIFILM X100F

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

 

BOSS BLOGがバージョンアップして投稿しやすくなりました

PENTACON electric 50mmF1.8

画像も大きくなり、加工の手間も無く楽々投稿

◎弊社の重要な営業ツールでもある「BOSS BLOG

◎一時、某有名無料ブログも使っていましたが、やはりSEO対策などを考えると

◎オリジナルドメインのオリジナルBLOGをしっかり育てる方がいい…

◎第一回目のBOSS BLOGの投稿が2009年1月24日

◎あれから8年くらいブログを続けています…

PENTACON electric 50mmF1.8

◎その間にも、文章の書き方や写真の撮り方

◎ブログのテンプレートなど色々と模索しながら変化してきました…

◎写真を撮り、パソコンに取り込む

◎そして、ブログに写真を貼り、文章を書く…

◎結構大変な作業です。

◎でも、なぜ続くけるのか…

PENTACON electric 50mmF1.8

◎それは、効果があるからです…

◎ブログを始めた頃は、ほとんど誰にも見られないブログでしたが

◎年々、アクセスは増え

◎ブログを見て、オファーをしてきた方も増え

◎お店に食べに行っても、BOSS BLOGを知っているひとも多く

BOSS BLOGに載せることを喜んで頂ける店主も増えてきました…

PENTACON electric 50mmF1.8

◎だから、私にとって

◎重要な営業ツールであり、過去を振り返るための日記でもあるこのBOSS BLOG

PENTACON electric 50mmF1.8

◎それでも、日々の業務に追われ

◎なかなか書く時間も無い毎日…

◎いかに効率よくブログを書くことが出来るかで、継続出来るかどうかに関わってくるのです…

PENTACON electric 50mmF1.8

◎そして、今回

◎何度目かのバージョンアップ…

◎このバージョンアップによって

◎ブログには大切なポイント「写真」をキレイに効率よくアップ出来る様になったのです

PENTACON electric 50mmF1.8

◎今までは、撮った解像度の高い写真を画像ソフトなどで

◎編集しサイズをリサイズするなどの手間が掛かったのですが

◎新バージョンでは、事前のサイズ調整が不要になり

◎今までの写真サイズよりもひとまわり大きくなりました。

PENTACON electric 50mmF1.8

◎一番最初にあった写真が新バージョンの大きさで、二枚目が従来の大きさ…

PENTACON electric 50mmF1.8

◎やはり、BOSS BLOGは写真が大きい方が迫力があって見応えありますね…

PENTACON electric 50mmF1.8

◎弊社でホームページ制作&サポートをさせて頂いているクライアント様には

◎サポートの範囲の中で「カメラ教室」や「SNS教室」「ブログの書き方教室」なども行っています

PENTACON electric 50mmF1.8

◎ホームページというキチッと表現しなければいけないページと

◎その会社のオーナーやスタッフ、店主さんなどの人柄などが垣間見ることの出来る

◎ブログなどを併用することで、お客様との距離も一気に縮めることが出来るのです

◎ブログにはそんなステキな魅力があります…

◎ブログなんか書く暇無いよ… と面倒くさがる前に…

◎自分の商品を自分の言葉でエンドユーザーに

◎伝えられる「ブログ」をしっかりと活用してみてはいかがでしょうか?

PENTACON electric 50mmF1.8

◎今回の写真は…

◎オールドレンズの世界に足を踏み入れてくれた弊社アシスタントのえびちゃんが

◎オールドレンズイベントで初めて買った「PENTACON electric 50mmF1.8」を借りて撮りました。

◎F1.8という明るいレンズ… 開放での柔らかい描写は何ともほんわかな気分にさせますが

◎1段ごと絞ることでキレのよいシャープな描写が気持ち良い…

◎条件によっては背後のボケがグルグルするが、いわゆるグルグルボケを売りにしているレンズほど

◎グルグルはしない、程よいレンズである…

◎これを機にえびちゃんにはオールドレンズ沼にはまってもらいたいものです(笑)

PENTACON electric 50mmF1.8

◎PENTACON electric 50mmF1.8
◎旧東ドイツのペンタコン人民公社(VEB PENTACON)が生産した高速標準レンズ

◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来るコト
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

◎「facebook」「Instagram」「Tumbler」「Twitter」などのSNSもやってます!

 

飛行機撮影がこんなに難しいとは思わなかった

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

飛行機が離陸着陸するたびにクルマの頭上を飛行機が通って行く撮影ポイント

◎本日やって来たのは、福岡空港国際線…

◎沢山の外国人が搭乗手続きでワサワサしております…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎届いたばかりのXF23mmF2 R WRFUJIFILM X-Pro2に取り付けて

◎逆光でアンダーに格好良く…

◎おおイイ感じ、この調子で他にもチャレンジのつもりが…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎この写真はただ撮っただけになり

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎この写真も露出を下げすぎて、意味の無い写真(笑)

◎劇的なコト撮りが出来なかった(^^;;;

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎今日の目的は、去年購入したXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

◎出番も無く、ずっと防湿庫に眠っているので…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

福岡空港に行くなら飛行機が撮れるじゃん!!! 的なノリでやって来ました!!

◎でもこのXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRレンズ…

◎デカ過ぎて、これを持っていること自体慣れてないから恥ずかしい(笑)

◎しかも

◎普段から持ち慣れていないこのデッカイXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

◎扱い方もしっくりこない…

◎ズームもどれなのか、絞りがどれなのかも判らない(笑)

◎そんな状態でのんきにやって来た福岡空港

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

 

◎この福岡空港は全国でも数少ない市街地にある空港で

◎全長2,800mある滑走路の前後は一般の道路が通っていて

◎飛行機が離陸着陸するたびにクルマの頭上を飛行機が通って行くという

◎びっくりな状態となります…

◎今回は、着陸する側の道路にて待機…

◎状況も判らず、フワフワしていると轟音と共に突っ込んできた飛行機

◎慌てて、バズーカー砲の様なレンズを向けるが、あっという間にすぐそこに

◎ピントも微妙なタイミングで、初めてのシャッター!!!!

◎もうこれがやっとの初撮り(笑)

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎気持ちを切り替えて…

◎離陸待ちの飛行機をターゲットに…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎35mm判換算で152mm~609mm相当の

◎焦点距離をカバーする超望遠ズームレンズは…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎流石に迫力の絵が撮れる

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎さあ、今から離陸致します…

◎エンジンを最大出力でパワーアップ…

◎翼の下に付いているエンジンから、ゆらゆらと陽炎が…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎機体がゆっくりと動きだし…

◎そのまま轟音と共に大きな機体がゆっくりと浮き上がる…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎気を付けていってらっしゃい…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎飛行機が離陸すると次の飛行機が滑走路に入ってきます…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎さっきは右から入って来て、今度は左から…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎ゆっくりと滑走路に真っ直ぐに…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎エンジン最大出力アップ

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎エンジン音も最大となり

◎静かに機体が動き出す…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎なるほど、離陸は全てこのパターンだな…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎私が居る方から入って来て、向こうから出ていく…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎頭の後ろからエンジンの音が聞こえてくる…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎振り返ると真っ直ぐこっちへと向かってきます…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎35mm判換算で609mmともなると

◎ちょっと左右上下に動かすだけで、被写体を見失う(笑)

◎ピントを合わせることも難しい…

◎さっきは離陸する機体を見失うこと無く撮影出来たけど

◎飛んでくる飛行機を真っ直ぐから狙うのがこんなにも難しいとは思わなかった

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎しかも普段から持ち慣れていないから

◎レンズとカメラのバランスも上手く取れずにフラフラ状態(笑)

◎露出がどうとか言っている場合では無い…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎ズームすら動かすことも出来ずに、翼は切れ(笑)

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎もはや、何を撮っているのか判らず…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎頭上を越えていく飛行機…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

◎ああ、ピントもフェンスに合っちゃうし(笑)

◎でも、着陸する飛行機も次から次へとやって来ます

◎こんな動きのある写真こそFUJIFILM X-T1の新AFシステムを使い

◎動いている被写体を確実に捉える機能で撮ればイイのだが

◎何分にも使いこなしていないのが問題…

◎今考えれば、連写もしてないのはなぜ?(笑)

◎この日は曇り空だから、空もグレーだったけど

◎次回は青空を願い、FUJIFILM X-T1XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

◎を使いこなして再チャレンジしてみよう

◎ちなみにこの場所は、駐車禁止区域なので

◎クルマはちゃんと駐車場に駐めて歩いてくるのが原則です…

福岡空港・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR・FUJIFILM X-T1・XF23mmF2 R WR・FUJIFILM X-Pro2

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR
FUJIFILM X-T1
XF23mmF2 R WR
FUJIFILM X-Pro2
福岡空港


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

180gの小型軽量と高速AFにより、軽快なスタイルで撮影を楽しめる広角レンズ

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

もはや富士フィルムのショールーム並みに揃っている(笑)

◎去年、新しく登場したXF23mmF2 R WRのブラックレンズ

◎同じ画角でXF23mmF1.4 Rは持っているので購入していなかったけど

◎今年の2月に発売になったXF23mmF2 R WRのシルバータイプ…

◎悩ましい…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎で、結局購入(笑)

XF23mmF1.4 Rに比べ、開放値は一段暗いけど小さくて軽いのがいい

XF23mmF1.4 RXF16mmF1.4 R WRと同じタイプのレンズフードを付けたら

◎デカ過ぎてカメラバックにも入らなくて、結果的に持ち歩かないという

◎ドツボ(笑)

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎今回もシルバーのXF23mmF2 R WR本体にフィルターを付けて

◎レンズフードは同色のシルバーを選択…

◎ブラックボディのFUJIFILM X-Pro2にシルバーのレンズが

◎何ともアンバランスでセクシー(笑)

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎Xシリーズでは最大となる2430万画素APS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」

◎を搭載したFUJIFILM X-Pro2

◎新設計のXF23mmF2 R WRとの組み合わせがどんなコトになるのか…愉しみ

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎先が細くなっていてクラシカルなフォルムのXF23mmF2 R WR

◎前後にスライドさせることでAF/MFを切り替えられる

◎ピントリング機能を搭載したXF23mmF1.4 R

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎真上から見ても真横から見てもサイズ感の差は歴然

◎重さも300gと180gで120gの差がある…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎同じ画角の三台のカメラ

FUJIFILM X-Pro2XF23mmF2 R WR

FUJIFILM X-T1XF23mmF1.4 R

◎そして、コンパクトカメラFUJIFILM X100Tである…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎同じ画角だけど、レンズの仕様と個性で違う雰囲気の写真が撮れるのは

◎何となく想像できるが…

◎やはり、スペック的な話と言うよりも

◎そのカメラとレンズの組み合わせによる精神的な写真の影響の方が強い気がする

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎35mm判換算で35mmの焦点距離を持つこのレンズは

◎気軽に撮れるスナップシューターとして丁度良い画角である

◎でも、先程の三台の組み合わせで考えると

◎街角スナップシューターとして使い分けが出てくる…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎もっともスナップシューターとして使い勝手が良いのは

◎やはりコンパクトカメラのFUJIFILM X100Tである

◎実際、中国にカメラさんぽ行った時にもこのカメラのお陰で

◎中国の街角を気軽にカメラに納めることが出来た

◎撮られている側もこのシルバーのクラシカルなFUJIFILM X100Tのデザインが

◎被写体との距離を縮めてくれている様な感覚になった…

◎しかも、レンズ一体型のコンパクトカメラだから

◎片手で操作ができる手軽さがポイント

◎自撮りなどほとんど撮るコトは無いが、それでもその場面では便利である

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎仕事使いとは違う雰囲気を醸し出すFUJIFILM X-Pro2

◎私はカメラにこだわっています…

◎感を漂わすチカラがある(笑)

◎しかも、FUJIFILM X-Pro2には2430万画素APS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」が

◎搭載されていて、今回登場したフィルムシミュレーションにあるACROSは

◎より滑らかな階調、引き締まった黒、美しい質感再現し

◎一般的な白黒モードとは一線を画する超高画質な黒白写真表現が可能である

◎更にグレイン・エフェクトを掛けることで

◎フィルム写真が持つ独特の粒状感を再現する機能を持つ…

◎これに軽量かつオシャレなフォルムのXF23mmF2 R WRが組み合わされば

◎スナップシューターとして最高の絵が撮れるのではないでしょうか…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎でも、今回発売されたFUJIFILM X100Fには

FUJIFILM X-Pro2と同じセンサーに

◎ACROSまで付いているので、これまたこれまた悩みどころでもある…

◎そうなると、レンズの特性でその日の相棒を決める判断に変わるコトとなる…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

XF35mmF2 R WRから始まったこのレンズシリーズ

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

XF35mmF2 R WRのレンズフードはシルバーが無くてブラックのみだった

◎だからシルバー本体にブラックという妙なツートンになったけど

◎今では、これもお気に入りの組み合わせ

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎今回もシルバー&ブラックにしようかと思ったが

XF35mmF2 R WRXF23mmF2 R WRの見た目判断をする時は

◎色が違う方が戸惑わなくていいかと思いシルバーに…

◎でも、次のXF50mmF2 R WRの時はどうしようかなぁ…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

XF35mmF2 R WRXF23mmF2 R WR

◎横から見るとXF23mmF2 R WRのフォーカスリングが若干長いんですね…

◎この先細りフォルム…

◎何かちょっと好きにはなれないけど、フードが付くことでバランスが良くなる

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎それでも、XF23mmF2 R WRはちょっと長くて

◎カメラ本体に付けるとバランスが悪く

XF35mmF2 R WRが一番しっくり…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎今では、殆どこのXF35mmF2 R WRが付けっぱなしで

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

XF35mmF1.4 Rが防湿庫から出てくることは無くなりました…

◎でも、今の自分があるのも

◎FUJIFILM X-Pro1とXF35mmF1.4 Rのレンズがあったからと言っても過言では無い

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎私はカメラマニアでも無ければ、レンズマニアでも無い

◎ましてやプロのカメラマンでも無く

◎ただ、写真を撮るコトが好きなデザイナーである…

◎でも、この富士フィルムのXシリーズに出逢ったからこそ

◎人生が面白くなったのは間違い無い。

◎きっとこれが、他のカメラだったら、こうなっていなかっただろう…

◎これからも「コト」をもっともっと撮っていきたいなぁ

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

XF23mmF2 R WR
XF23mmF1.4 R
XF35mmF2 R WR
XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X100T
FUJIFILM X-Pro2


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

デジタルでフィルムを再現したい計画第12弾‼︎

X-Fujinon 55mm F2.2

やっぱりFUJINONかぁ…

◎世界的にも有名な写真の共通用語「ボケ」

◎英語では「Bokeh」を書いてボケと読むらしい…

◎それくらい日本人にはウケるボケ写真だが

◎外国人にはウケないボケ写真(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎でも、最近はこの「Bokeh」が世界的に流行っているようで

◎ネット検索すると色々なボケ写真の作品が上がって来る…

◎私もオールドレンズを集める目的が

◎「デジタルでフィルムを再現したい」ということでスタートしたのだが

◎最近はいかに面白いボケ写真が撮れるか… になってきている(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎グルグルボケ、星形ボケ、バブルボケなどなど…

◎クセが強いボケ写真が撮れる「クセ玉」を探しまくっている

◎そんな中、見付けたのがグルグルボケの

◎ロシア製レンズHELIOS 44-2 58mmF2やHELIOS 40-2 85mmF1.5…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎フランスの女性カメラマンが撮っている様な不思議な世界観を醸し出している

◎バブルボケを表現出来るドイツのレンズメーカーMeyer-Optik Gorlitz社の

◎Trioplan(トリオプラン) 100mmF2.8というレンズである

X-Fujinon 55mm F2.2

◎世界的にも「Bokeh」ブームなのか

◎愛好家の中でも人気が出ているようで

◎中古市場でも80,000円から150,000円くらいで取引されているらしい…

◎最近はドイツのMeyer Optik Goerlitz社がTrioplan 100mm f/2.8を復活させ

◎18万円くらいで新品を購入する事が出来る…

◎一応、ネットオークションで91,000円で落札はしたものの

◎高額な金額で落札した割にはグッとくるバブルボケでは無く

X-Fujinon 55mm F2.2

◎その後、落札した

◎ドイツ製プロジェクター用レンズのPentacon AV 80mm F2.8の部品でつくった

◎Pentacon AV(Meyer Diaplan)2.8/80 M42を20,500円で落札…

◎このレンズはドはまり(笑)

◎バブルボケを撮るために写真は全てボケているという本末転倒な話(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎その後も「ボケ」というキーワードでふらふらする毎日ですが

◎ネットや「オールドレンズの新しい教科書」にも載っていた

◎FUJIFILM X-Fujinon 55mm F2.2という

◎廉価版一眼レフカメラFujica AX/STXシリーズの

◎交換レンズとして生産されたレンズに着目…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎設計構成は4群4枚の「エルノスター型」と呼ばれるものに似ているそうで

◎このタイプなら「バブルボケ」が再現できるのでは?

◎早速、ネットオークションで探すも「FUJINON 55mm F2.2」という

◎商品が微妙…

◎価格自体は3,000円から6,000円くらいで

◎レンズのみと言うよりもカメラ本体がオークションされていて

◎レンズはその付属という感じ…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎しかも、問題は、どの記事を読んでも

◎デジタルカメラに取り付けるためには

◎マウントアダプターが必要なのは勿論だが、レンズ側に加工が必要とある…

◎全く無い知識でネット検索するが結局、どのタイプを落札して

◎FUJIFILM X-Pro1に取り付けるためにはどのマウントアダプターを買えば良いのか

◎全く判らないまま、時間は過ぎていった(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎何はともあれ、とにかく落札してみよう!!!

◎と、ゲットしたのが「X-Fujinon 55mm F2.2」を6,980円で落札

◎入金して数日後には商品が手元に届くが

◎やはり、カメラ本体に付く訳が無い…

◎レンズの接地面を見るとネットで見ていたのとは全然違うタイプ…

◎うわぁ〜、どうしてタイプが違うのだろう…

◎更にネット検索すると何とか答えが見つかりそう…

◎一部ネットにはこのタイプのマウントアダプターは高額だとあったが

◎Kernel フジカAXマウントレンズ-富士フィルム XマウントアダプターFuji-FX

◎と言うのをAmazonで見付け、2,660円でゲット…

◎こうして、何とか「X-Fujinon 55mm F2.2」を現代のデジタルカメラに

◎装着することが出来ました…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎元々、Fujica AX/STXシリーズの交換レンズとしてつくられているから

◎FIJIFILM X-T1グラファイトやX-T10シルバーなどに装着すると

◎何だかしっくり来ますね(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎さて、問題はMeyer Optik Goerlitz社がTrioplan 100mm f/2.8や

◎Pentacon AV(Meyer Diaplan)2.8/80 M42を上回る「バブルボケ」を

◎撮ることが出来るかどうか…

◎焦る気持ちを抑えながら、「X-Fujinon 55mm F2.2」を装着した

◎「FUJIFILM X-T1」を持って事務所の外をウロウロ

◎絞りを開放にし、マニュアルフォーカスでピントを合わせていくと…

◎おお、ボケる、ボケる…

◎バブル、バブル…

◎思いきって、ファーストショット!!!

◎どうですか、このバブルボケ…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎期待したフレアがあまり出なかったのですが

◎シャープネスやコントラストは全く問題なし

X-Fujinon 55mm F2.2

◎開放で被写体の背景にキラキラの点光源を用意すると

◎ザワザワとうるさいくらいに主張してくるボケ…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎縁がしっかりと太く見えるバブルボケもハッキリと発生

X-Fujinon 55mm F2.2

◎前ボケも後ボケもキレイに撮れます

X-Fujinon 55mm F2.2

◎F2.2というとても中途半端な開放F値

◎鏡胴もプラスチックで軽量

◎EBCコーティングもされていない廉価版のレンズだが

X-Fujinon 55mm F2.2

◎フジノンならではの一定クオリティはクリアしている

X-Fujinon 55mm F2.2

◎最短撮影距離が0.6mなので寄れないけど

X-Fujinon 55mm F2.2

◎55mmという中望遠レンズの特性を活かしてポートレートにはイイかも

X-Fujinon 55mm F2.2

◎高額なオールドレンズを買わなくても

◎こんなに安くて、味のあるレンズが

◎富士フィルムから出ていたなんて…

X-Fujinon 55mm F2.2

◎ボディとの相性もピッタリだよね(笑)

X-Fujinon 55mm F2.2

◎オールドレンズを使って、改めて思うのが

◎マニュアルフォーカスで撮りたいモノを探しに行くことの愉しさ…

◎オートフォーカスで狙った場所に一撃でピントを合わせるのもいいが

◎マニュアルフォーカスでピントを合わせることで

◎そこに行くまでに別のイメージに出逢うことのアクシデントを愉しむのが愉しい

X-Fujinon 55mm F2.2

 

X-Fujinon 55mm F2.2

 

X-Fujinon 55mm F2.2

 

X-Fujinon 55mm F2.2

 

X-Fujinon 55mm F2.2

◎X-Fujinon 55mm F2.2


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

安価なCマウントのトイレンズ!! デジタルでフィルムを再現したい計画第10弾‼︎番外編

Fujian 35mm F1.7

シネカメラや防犯カメラ用の中国製Cマウントレンズとは

◎「オールドレンズ」「グルグルボケ」「バブルボケ」「クセ玉」などの

◎検索キーワードで暇があれば、ネットサーフィン(笑)

◎ふと、引っ掛かったのがこの中国製CマウントTVレンズ…

◎「Fujian 35mm F1.7」

◎更に調べてみると、オールドレンズと言うよりも

◎Amazonでも新品を購入できる「トイレンズ」

◎左から「35mm F1.7」「25mm F1.4」「35mm F1.7」「50mm F1.4」の4種類

Fujian 35mm F1.7

◎価格も安価で3,850円〜5.980円

◎CマウントレンズなのでFUJIFILM X-Pro1に付ける場合には

◎マウントアダプターが必要です…

◎段々、レンズの形状とアダプターのことが判るようになってはきたけど

◎やっぱり、インターネットの情報はありがたい…

Fujian 35mm F1.7

◎ネットの情報によると

◎中国製の安価な単焦点レンズだけあって

◎当たり外れもあるとか… シルバーはフレアやゴーストが強すぎるとか…

◎まあ、逆にクセが強い方がおもしろいですが…

◎価格も安いので、35mmF1.4のレンズだけは

◎シルバーと黒の2種類を注文…

◎マウントアダプターも輸入並行品しか判らなかったのでこれも同時購入

◎のちにK&F Conceptでも発売していることに気づきましたが(^^;;;

Fujian 35mm F1.7

◎35mm F1.4のシルバーは見た目には美しい

◎とにかく小っちゃなレンズで軽い(笑)

Fujian 35mm F1.7

◎FUJIAN CHINA TV LENS GDS-35

Fujian 35mm F1.7

◎35mmレンズでF値は1.7

Fujian 35mm F1.7

◎絞りの数字は刻印してありますが

◎目印が無いので今何を指しているか判りません(笑)

Fujian 35mm F1.7

◎絞り羽は12枚…

◎一番開放するとキレイな丸になりますが

Fujian 35mm F1.7

◎どんどん絞っていくと

◎ギザギザな長方形になり

Fujian 35mm F1.7

◎F値が16近くになると全部つぶれてしまう(笑)

Fujian 35mm F1.7

◎これが、X-Pro1に取り付けるためのマウントアダプター

Fujian 35mm F1.7

◎レンズをアダプターに取り付けるとこんな感じに…

Fujian 35mm F1.7

◎付属していた2つのリング…

Fujian 35mm F1.7

◎これをセットすることでマクロ撮影が可能になるという「マクロリング」

◎1つより2つ付けた方がよりマクロになる(笑)

Fujian 35mm F1.7

◎これが、マクロリングを付けない通常の状態

◎最短撮影距離39cmぐらい

Fujian 35mm F1.7

◎これがマクロリングを1つ付けた状態

◎最短撮影距離22cmぐらい

Fujian 35mm F1.7

◎最後にマクロリングを2つ付けた状態

◎最短撮影距離17cmぐらいまで寄れた…

Fujian 35mm F1.7

◎黒いボディにシルバーの小さなレンズもインパクトがあっていい

Fujian 35mm F1.7

◎触った感じも金属感があって、五千円くらいのレンズには思えない

Fujian 35mm F1.7

◎同じ35mmF1.7のレンズでも

Fujian 35mm F1.7

◎黒になると安いプラスティック感が溢れる(笑)

Fujian 35mm F1.7

◎黒いボディとは一体感は出るけど…

Fujian 35mm F1.7

◎他にもついで買いをした50mm F1.4(3,850円)と

Fujian 35mm F1.7

◎FUJIAN 25mm F1.4(5,980円)

◎この2つは試し撮りして発覚したアクシデントに驚く(笑)

◎次のBOSS BLOGに撮影したものをアップしますのでご覧下さい。

Fujian 35mm F1.7

◎目に見えないレンズ沼にはまった私…

◎そもそも、写真とは何ぞや?

◎ボケ具合を求めることがどうなんだ?

◎オールドレンズに求めることは?

◎最新鋭のデジタルカメラでフィルムカメラのような味を求める意味は?

◎何だか、自分自身収拾がつかなくなってきてますが

◎今まで収集したオールドレンズで一番面白いのは

◎バブルボケする「Pentacon AV 80mm F2.8」かなぁ(笑)

Fujian 35mm F1.7

◎Fujian 35mm F1.7 銀 Cマウント単焦点レンズ マイクロフォーサーズ用アダプター付き マイクロリング付属で近接撮影もばっちり マイクロフォーサーズカメラで撮影が出来るセットです(5,610円)
◎COCO Camera FUJIAN 35mm F/1.7 CCTV Cマウントレンズ ( ブラック ) + マクロ 撮影 用 アダプター レンズ キャップ マイクロフォーサーズ CCTV セット(5,980円)
◎サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4(3,850円)
◎COCO Camera FUJIAN 25mm F/1.4 CCTV Cマウントレンズ ( 銀 シルバー) + マクロ 撮影 用 アダプター レンズ キャップ マイクロフォーサーズ CCTV セット(5,980円)
◎Pixco Cマウント レンズ → FUJIFILM X-Pro1 フジ Xマウントボディ アダプター 並行輸入品(2,280円)
◎K&F Concept® マウントアダプター xマウント C-FX Cマウントレンズ- FUJIFILM FXカメラ装着用レンズアダプター マウント変換アダプター(1,703円)


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

デジタルでフィルムを再現したい計画第8弾‼︎グルグルボケ編4

Helios 40-2 85mm f1.5

ドイツのレンズメーカーBIOTARをコピーしたロシアレンズ

◎忘れた頃にロシアから届いた… 謎の小包…

Helios 40-2 85mm f1.5

◎初めて手にしたオールドレンズ

◎グルグルボケという超特徴的なクセ玉の

◎ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0…

Helios 40-2 85mm f1.5

◎ネットやオールドレンズの本を読みあさっていると…

Helios 40-2 85mm f1.5

◎クセ玉中のクセ玉であり、強烈なグルグルボケは勿論、フレアやゴーストの

◎発生も激しく、まさにクセ玉好きの必携レンズとあり…

◎しかも、Amazonで新品購入出来るとあったので、早速購入

Helios 40-2 85mm f1.5

◎Amazon 新品価格48,950円…

◎クリスマスまでには届くとあり、配達状況の日本郵便の追跡サービスを見ると

◎国際書留で発送元は「RUSSIE」ロシア?

◎そうなんです。ロシアから送られて来たんです(笑)

Helios 40-2 85mm f1.5

◎早速、開封…

◎何だかやけに重たい…

◎このHELIOS40-2 85mmF1.5というレンズは…

Helios 40-2 85mm f1.5

◎ドイツのレンズメーカー、カール・ツァイスのBiotarというレンズを

◎コピーしたものだといわれています。

Helios 40-2 85mm f1.5

◎Biotarもぐるぐるボケで有名なレンズでしたが

◎それをコピーしたHeliosもやはりぐるぐるボケが発生します。

Helios 40-2 85mm f1.5

◎グルグルボケという部分がクローズアップされているレンズですが

◎中望遠レンズとしてポートレートにも優れたレンズのようで…

Helios 40-2 85mm f1.5

◎撮影するのが愉しみですね…

◎それにしても、とにかく重いレンズです(笑)

Helios 40-2 85mm f1.5

◎HELIOS40-2 85mmF1.5
◎ロシアのレンズメーカー


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

デジタルでフィルムを再現したい計画第7弾‼︎星形絞りボケ編2

HELIOS40-2 85mmF1.5

また星形の絞り形状が玉ボケに出現する個性派ロシアレンズが…

◎先日、プーチンと共に

◎私のところへ「星形の絞り形状が玉ボケに出現するロシアの個性派レンズ

◎LZOS INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8」がやって来ましたが…

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎オールドレンズというのは個々の特性が違う様で…

◎クルマで考えるとつくられた年代や前期後期などによって

◎微妙に構造や素材が変わっていたりします…

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎それにもって、中古車ともなれば

◎全オーナーの乗り方や扱い方によって

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎それぞれ、中古車によって同じ状態なモノは無いと言ってもいいくらい…

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎オールドレンズも同じ様な考え方で

◎やはり、製造年代によっても違うし

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎全オーナーの使い方によって、クセが変わっていたりします…

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎と言うことで、安価なオールドレンズに関しては

◎同じメーカーのモノを2個買ってみて試してみようと…

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎前回20,550円で落札した

◎新品インダスター61 MC Industar 61L/Z 2.8/50

◎2004年製M42 星ボケ(オールドストック・工場保管品)でしたが…

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎今回は即決価格28,800円というのをジッと我慢して(笑)

◎16,000円で落札…

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎1982年製の美品 インダスター / INDUSTAR 61 L/Z MC M42 2.8/50をゲット

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎前回は新品とありましたが

◎距離の刻印が若干剥がれていましたが…

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎今回の商品はそれよりも古い時代のレンズでしたが

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎見た目は超美品…

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎早速カメラに装着…

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎動きも何だかしっくりくるし(笑)

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎と言って、前の何が悪いというわけでは無いのですが…

◎フィーリングとでも言いましょうか…

◎撮った感じも悪くなく…

◎インダスターを使うなら、コッチかなぁ… 何て思っちゃいました

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎とりあえず、集めるばかりで

◎撮る時間が無くて試し撮りが殆ど出来ていませんが…

◎お正月ぐらいにゆっくりとオールドレンズを愉しみたいですね。

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8

◎LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8 1982製
◎ロシアのレンズ・星形絞りボケ


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

デジタルでフィルムを再現したい計画第6弾‼︎星形絞りボケ編

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

星形の絞り形状が玉ボケに出現する個性派ロシアレンズ

◎ロシアのプーチン大統領が山口県にやって来て大騒ぎになっていますが

◎私のところへも昨日オールドレンズ7本目の

◎「星形の絞り形状が玉ボケに出現するロシアの個性派レンズ

◎LZOS INDUSTAR 61L/Z-MC 50mmF2.8」がやって来ました\(^O^)/

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎F5.6-F8付近で点光源を撮影すると

◎星形のボケになるというレンズで0.3mまで寄れる

◎マクロレンズとしても愉しめそうです。

◎最近私の周りはロシアレンズだらけ(笑)

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎「グルグルボケ」から始まったオールドレンズ沼(笑)

◎「オールドレンズ」「ボケ」「クセ玉」などのキーワード検索していると

◎出てきた「バブルボケ」

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎更に検索していて見つかった今回の「星形ボケ」

◎何だ、星形って…

 

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎冒頭でお話ししたように

◎通常は玉ボケと言われ、丸くボケるのが普通なのですが

◎このインダスター61は絞り位置が8〜5.6の間で

 

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎絞り羽根が「ダビデの星」突起が6つの星形になるので

◎通常玉ボケになるところが、星形にボケるという

◎特殊レンズなのです…

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎ヤフオクあたりでは1万円前後ぐらいで取引されているようですが

◎私は今回「新品」「2004年」という言葉につられ…

◎最終的には20,550円で落札…

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎届いた商品は、新品とまでは言えませんが

◎新品同様のキレイなレンズが届きました…

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎さて、早速試し撮り…

◎FUJIFILM X-Pro1にマウントを付けて、インダスター61を装着

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎早速、事務所の前の道路を走る「ヘッドランプ&テールランプ」を撮影

◎絞りを変えると見事に星形\(^O^)/

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎どんどん開放すると星形が段々丸ボケに変わっていく…

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎ここで、ふと気づく…

◎ピントをぼかして、星形のボケだけを撮る私は、一体…

◎ホントは、手前に被写体を置いて

◎その背景のイルミネーションを星形にボカすのが正解なんだろうなぁ…

◎早く、クリスマスイブイルミネーションを撮りたいなぁ…

LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8・ロシアのレンズ・星形絞りボケ

◎LZOS INDUSTAR 61 L/Z-MC 50mmF2.8
◎ロシアのレンズ・星形絞りボケ


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

デジタルでフィルムを再現したい計画第5弾‼︎バブルボケ編2

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

ドイツ製プロジェクター用レンズを改造したバブルボケレンズ

◎今回、ヤフオクで20,500円で落札したこのオールドレンズは…

◎Pentacon AV(Meyer Diaplan)2.8/80 M42

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

◎バブルボケで有名なメイヤーオプティックの

◎ダイアプラン(DIAPLAN)と同一設計のレンズで

◎メイヤーオプティックがペンタコン人民公社に合流後

◎名称を変えて生産したレンズです。

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

◎ドイツ製プロジェクター用レンズのPentacon AV 80mm F2.8の部品を用いて

◎直進ヘリコイドに移植してM42レンズとして

◎使用できるようにした改造品

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

◎最短側は約40cmまで寄れ、マクロ域まで撮影可能

◎でも、絞り羽根が無く、常に開放状態…

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

◎バブルボケを撮るんだから、それでいいじゃん!! と言うのが

◎ネットオークションで出ている商品説明のコメント(笑)

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

◎まあ、確かにそうなんだけどね(笑)

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

◎早速、試し撮り…

◎事務所の前の大通り… 夕方のラッシュアワーに行き交うクルマ…

◎左を向けば「赤いテールランプ」右を向けば「白いヘッドランプ」

◎絞りは無いので全開放(笑)

◎フォーカスリングを回すと…

◎気持ちの良いくらい「バブルボケ」

◎フォーカス具合で、バブルボケが大きくなったり小さくなったり…

◎会社の前に駐めているグラフィックアシスタントデザイナー・みすずのクルマに

◎フォーカス当てて… おお、キレイなバブルボケ…

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

◎先日落札したバブルボケの王様として大人気の

◎Meyer-Optik GorlitZ Trioplan 100mmF2.8は90,000万円も掛けて落札したけど

◎私はこのPentacon AV(Meyer Diaplan)2.8/80 M42方が好きかも…

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

◎レンズのボディもプロジェクターのレンズだからプラスティックで軽いし

◎Trioplan 100mmみたいにステンレスに光ってないし(笑)

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

◎今は忙しいから出来ないけど

◎ゆっくり時間をつくって

◎バブルボケだけじゃあなくて、ちゃんとしたレンズとして写真を撮った上で

◎判断しなきゃね(笑)

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

◎「ボケ」効果は世界的に見ても日本人だけが好むとされていて「boke」

◎という専門用語があるくらいですが、今や「ボケ」は世界的にも

◎注目を浴びているみたいですよ…

◎私のオールドレンズ沼はまだまだ続きます(笑)

Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8

◎Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 80mm F2.8
◎ドイツのレンズメーカー


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

デジタルでフィルムを再現したい計画第4弾‼︎バブルボケ編

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

バブルボケで人気のトリオプラン100mmF2.8の世界

◎グルグルボケの次は… バブルボケ(笑)

◎FUJIFILMのカメラにはまった私は当然のごとく

◎FUJIFILMのレンズ沼にはまっていくのですが…

◎ここへ来て、保湿庫の奥にしまってあったFUJIFILM X-Pro1を

◎何気に手にしたときから、オールドレンズの世界へとはまっていくのでした…

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

◎フィルムカメラに憧れながらも、フィルムカメラの面倒くささにはまらず

◎アプリでフィルター加工をするのもどうかと葛藤しながら

◎フィルムっぽい写真に憧れていましたが…

◎最近は、FUJIFILMのデジタルカメラにオールドレンズを装着することで

◎フィルムっぽい写真を撮るコトが出来るコトに気がつきました(笑)

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

◎初めてのオールドレンズはグルグルボケで有名な

◎Helios-44-2 58mmF2.0という

◎Carl Zeiss Jena BIOTAR 58mm F2.0をコピーしたロシアのレンズで

◎中古市場価格7,000円から12,000円くらいで取引されている

◎比較的安価で手に入れやすいオールドレンズとして入門編としてはベスト。

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

◎オールドレンズというのは、魔性のレンズで

◎レンズの種類ごと当然個性があるのですが

◎中古品という性質上、同じ種類のレンズでもひとつひとつ傷や汚れでなどで

◎写り方が変わったり、年代事で若干仕様が変わったりと

◎いくつか同じレンズを試したくなってしまうのです。

◎今回私もヘリオスだけで、3つのレンズを落札…

◎同じ環境で、同じ被写体を撮り比べる時間が無いのでやってないけど

◎何となく、3つも落札する必要は無かった様な気がします(笑)

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

◎でも、このヘリオスにはまり、オールドレンズの世界に入ったことで

◎他にも色んなクセ玉レンズがあるコトを知るようになるのです…

◎そして、出逢った、次なるボケが「バブルボケ」(笑)

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

◎バブルボケとは所謂「玉ボケ」のことですが

◎イルミネーションなどの点光源をある条件にすることで

◎シャボン玉のように輪郭をくっきりさせた丸く大きなボケが発生する

◎そのバブルボケの代表的なレンズがこの…

◎ドイツのレンズメーカーMeyer-Optik Gorlitz社

◎Trioplan(トリオプラン) 100mmF2.8というレンズである

◎100mmの中望遠レンズは、シルバーに長い筒が光る…

◎フード先端の黒い帯にはMeyer-Optik Gorlitz Trioplan 2.8/100の白い文字

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

◎どうやらこのレンズは愛好家の中で人気が出ているようで

◎中古市場でも80,000円から150,000円くらいで取引されているらしい

◎昨年はドイツのMeyer Optik Goerlitz社がTrioplan 100mm f/2.8を復活させた

◎との記事も見付けることが出来るのですが、実際の商品はどこにも見当たらず

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

◎結局、オールドレンズはヤフオクで…

◎と言うことで91,000円という高額な入札額で

◎古いし、動くかどうかも判らないレンズに投資しちゃいました…

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

◎商品は国内流通なので

◎入金した3日後には、小さな段ボール箱に包まれたトリオプラン100がやって来た

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

◎早速、FUJIFILM X-Pro1にマウント付けて装着…

◎昼間なので、イルミネーションが無いから…

◎観葉植物の間から見える日の光をボケさせて

◎ピントは手前のサンタクロース… フォーカスを動かすと

◎ファインダーの中の点光源は見事にバブルっていく… カシャ…

◎おおお、バブルボケ(笑)

◎ただそれだけ(笑)

◎バブルボケは日の丸構図で背景にイルミネーションを持ってきて

◎撮ると、ステキなポートレートが出来るかなぁ… ただそれだけ(笑)

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

◎最後の三枚は、バブルボケを気にせずに風景写真をバシャ…

◎気持ちを込めていないからなのか… ヘリオスの時のような感動が無い(笑)

◎時間のあるときにもうちょっとちゃんと腰を入れて撮ってみよう…

Trioplan 2.8/100 Meyer-Optik Gorlitz・ドイツ製・オールドレンズ・

◎Meyer-Optik Gorlitz Trioplan 100mmF2.8
◎ドイツのレンズメーカー


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

カールツァイス Touit 2.8/50M等倍マクロの実力

ZEISS Touit 2.8/50M

初めてのCarl Zeiss社のレンズにドキドキ

◎FUJIFILMのレンズ沼にまんまとはめられている私ですが…

◎今回は、初めてのFUJIFILM以外のレンズに…

ZEISS Touit 2.8/50M

◎仕事でのブツ撮りに使ってきた

◎Xシリーズ純正のマクロレンズ…

XF60mmF2.4 R Macro

ZEISS Touit 2.8/50M

◎Xシリーズが登場した頃からあるレンズで

ZEISS Touit 2.8/50M

◎Xシリーズ唯一のマクロレンズとして素晴らしいレンズですが

ZEISS Touit 2.8/50M

◎開放F値2.4という明るさの中望遠レンズとして

◎ポートレートなどにも最高の組み合わせで活躍しています。

ZEISS Touit 2.8/50M

◎ただ、最短撮影距離26.7cm、最大撮影倍率0.5倍マクロというレンズで

ZEISS Touit 2.8/50M

◎寄れない、等倍撮影が出来ない…

◎という不満がずっとありました…

ZEISS Touit 2.8/50M

◎そして、唯一サードパーティーとして

◎Xマウントに対応した等倍撮影が出来るレンズが早々と登場したのですが

ZEISS Touit 2.8/50M

◎どうしてもFUJIFILM以外のレンズに手を出しコトに抵抗があり

◎我慢してきたのですが…

◎この度、どうしても等倍撮影したいブツ撮りのイメージが膨らみ…

◎遂にZEISS Touit 2.8/50Mを購入!!!

ZEISS Touit 2.8/50M

◎早速届いたZEISS Touit 2.8/50Mで開封の儀(笑)

◎レンズのデザインは今までのFIJIFILMとは全く違い

◎SONYのカメラに似合いそうなデザイン(笑)

ZEISS Touit 2.8/50M

◎絞り環のクリック感は良好だが、フォーカスリングがゴムになっていて

◎糸くずみたいなゴミがくっついたらなかなか離れない(笑)

◎少しでもFUJIFILM感を出す為に、レンズフィルターはフジで(笑)

ZEISS Touit 2.8/50M

◎最短撮影距離は15cmと結構寄れて

◎最大撮影倍率は等倍だから、これからのマクロの世界が楽しみで仕方が無い

◎今まで使っていたXF60mmF2.4 R MacroはAF速度が異常に遅く迷っていたが

◎このZEISS Touit 2.8/50Mはそれに比べると実に軽快である…

ZEISS Touit 2.8/50M

◎とは言え、本当に等倍マクロが必要なのだろうか…

◎よくある葉っぱに付いたしずくを撮るとか

◎昆虫のドアップを撮ることなんか無い私である(笑)

◎それでも、チャレンジしたいブツ撮り…

◎新しいデザインの表現に必要なアイテムとして…

◎Carl Zeiss社のドアを開いてみました…

ZEISS Touit 2.8/50M

◎今、私のメイン機になっているFUJIFILM X-Pro2に…

ZEISS Touit 2.8/50M

ZEISS Touit 2.8/50Mを付けて…

ZEISS Touit 2.8/50M

◎まずは、スナップ写真…

◎マクロレンズでありながら、50mmという中望遠レンズとしても

◎ヌケの良い描写が素晴らしい…

ZEISS Touit 2.8/50M

◎このZEISS Touit 2.8/50Mのマクロレンズとしての

ZEISS Touit 2.8/50M

◎実力を全く引き出せてないファーストマクロ写真だけど(笑)

ZEISS Touit 2.8/50M

◎何だか、新しい表現の世界を手に入れられたようで…

ZEISS Touit 2.8/50M

◎ワクワクしちゃいます…

ZEISS Touit 2.8/50M

◎カメラの世界もレンズの世界も…

◎とにかく、奥が深くて…

◎全く時間が足りません(笑)

ZEISS Touit 2.8/50M

ZEISS Touit 2.8/50M
XF60mmF2.4 R Macro


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

デジタルでフィルムを再現したい計画第3弾‼︎グルグルボケ編

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

オールドレンズも魅力ってなんだろう

◎すっかりオールドレンズの魅力にはまってしまった私…

◎オールドレンズの魅力ってなんだろう…

◎単にフィルムのような写真が撮れるから?

◎だったら、インスタグラムでフィルター加工すればいくらでも

◎そんな雰囲気の写真になるじゃん…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎いや、そういうことでは無いなぁ…

◎画像ソフトや画像アプリでフィルター加工すればいくらでも出来るけど

◎それって、ルール違反な感じがする…

◎じゃあ、そもそもデジタルでフィルムを再現すること自体ルール違反では?

◎そんな葛藤も昔はしていたけど(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎使わなくなったFUJIFILM X-Pro1にオールドレンズを

◎装着してから、そんな葛藤もどこかに吹っ飛び

◎オールドレンズライフを愉しんでいます…

◎で、話は戻り… オールドレンズの魅力ってなに?

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎オールドレンズを使うと言うことは

◎高性能なデジタルカメラのオートフォーカスという機能を封じる

◎つまり。マニュアルフォーカスでしか撮影出来ないと言う事になるのですが

◎このマニュアルフォーカスというのが大きなポイントになると思うのです

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎マニュアルフォーカスでピントを合わせるという作業は

◎自分が撮りたい、と思ったモノをしっかりと見る作業だ…

◎写真をなぜ撮るのだろう…

◎何を撮りたいのだろう…

◎マニュアルフォーカスを使うことで深層心理に眠る視点が表に出て

◎いつも自分が何を見て何にこころを動かされているかが判る

◎マニュアルフォーカスで撮る愉しさは、スムースに動く

◎フォーカスリングを回すことや、ファインダーの中で狙った被写体が

◎浮かび上がってくる様が面白いだけでは無い。

◎無意識が写真に残される瞬間を目撃すること

◎こそに愉しさを感じているのではないだろうか…

◎と書いてあった「オールドレンズの新しい教科書」より

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎まさにその通り… 更に…

◎「レンズの持つマイナス面と経年変化も、表現に結びついていく」

◎オールドレンズは、レンズ設計に試行錯誤していた時代のものたちだ。

◎レンズの弱点である収差が色濃く残り、ボケは乱れ、ピント面は滲んだりもする

◎そして、硝材が良くなかった時代のレンズは経年劣化を起こし

◎今では傷が多く付いていたり、レンズにクモリが発生していたりして

◎それらは発売当初とは異なる描写の原因になっているかもしれない

◎オールドレンズの世界は、そのようなマイナス面も自分のものにし

◎現代のレンズとは違うアプローチで表現を愉しんでいくものではないだろうか

◎同じ種類のレンズであっても描写に違いがあるのは間違い無い。

◎自分が偶然手にしたレンズの描写をしっかりと受け止めていく。

◎そんな付き合い方をしていこう…「オールドレンズの新しい教科書」より

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎この考え方って、建築で言う「リノベーション」という考え方と似ている

◎例えば、昔の硝子…

◎古民家などに使われている建具の硝子は「ゆらゆら」と表面がしていて味がある

◎あの雰囲気を新しく買おうとしても

◎今も硝子をつくる技術はすごく発達していて

◎ほぼ透明に近い精度で出来てしまう。

◎あの「ゆらゆら」とした硝子は何もそれを目指してわざと造ったモノでは無く

◎技術が無かったから、ああなっただけの話である…

◎でも、いまではそれがアジとなり、人々が求めるという不思議な現象である

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎クルマや道具などもそういう昔の技術を懐かしみ求める…

◎考え方で言えば、同じかも知れない…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎さて、話は本題に戻し(笑)

◎先程も書いたようにオールドレンズはひとつひとつ同じ状態のモノが無い…

◎だから、このHELIOS 44M-4 58mmF2にはまった私は…

◎もしかしたら、他のレンズは違う表現になるのでは…

◎と思い… このレンズもそんなに高額では無いので…

◎メルカリ使って、ゲット(笑)

◎初めてのオールドレンズは…

◎ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0という1980年製造ロシアのレンズ

◎Yahoo!オークション落札価格が15,770円(送料別途)2016年10月19日落札

◎メッキ塗装がステキで何とも愛着が(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎ヘリオス二代目は…

◎(美品)ヘリオス44-2 M42マウント 7,980円 2016年10月26日落札

◎メルカリで落札… 製品番号が「7640522」とあるから1976年製…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎減り居る三代目は…

◎(新品同様)M42 Helios 44m-4 58mmF2 10,000円 2016年11月7日落札

◎同じくメルカリで落札… これは見た目の外観もキレイで

◎製品番号が「90223556」とあるので1990年製…

◎ちなみに一代目メッキちゃんの製造番号が「80107985」で1980年製だから

◎76年、80年、90年の三代となりますね…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎で、それぞれの写りはどうかというと…

◎ちゃんと、同じ被写体で同じ環境にして

◎撮り比べをいずれしようと思うのですが…

◎なんせ忙しい毎日なので、ささっと撮った感想ではどれも変わらず(笑)

◎そうなると、見た目にメッキちゃんが一番人目を引くし

◎愛着があるので、そればかり使っちゃってますね(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎でも、こうやってオールドレンズの世界に入ってみると

◎どんどん、興味が出てきて… 本の読みあさり(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎キャッシュバックキャンペーンが始まったら

◎購入しようと決めているFUJIFILM X-T2の本も買ったけど見ることも無く(笑)

◎Xマウントレンズもちょっと横に置き(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎オールドレンズを付けたFUJIFILM X-Pro1だけ持って外出(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎もちろん、仕事の写真は現代の高性能カメラ、高性能レンズを使いますが

◎仕事外の「ふらりカメラさんぽ」ではオールドレンズ1本のみ…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎画像加工もフィルターも無く…

◎撮って出し…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎あの本にも書いてあった様に…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎マニュアルフォーカスで自分の撮りたいモノを…

◎じっくりと探す時間を愉しむのが好き…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎高性能レンズなら太陽に向けて撮ってもこんなにフレアは出ないだろう(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎でも、それをもアジに出来るオールドレンズの魅力…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎時間に追われて余裕の無い現代社会…

◎デジタルの便利さとアナログの不便さを融合して

◎こころで愉しむのはいかがでしょうか?

◎オールドレンズの世界はまだまだ奥が深いです…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0・FUJIFILM X-Pro1

◎ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0
◎K&F Concept® xマウントアダプター M42マウントレンズ-FUJIFILM FX X-Pro1
◎マウントカメラ装着用レンズアダプターリング M42-FXマウント変換アダプター


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1980年製造ロシアのレンズでカフェチョコのパンケーキを…

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

1980年製造ロシアのレンズを装着して…

◎こんなソファが家にあれば癒されるだろうなぁ、

◎というソファにカラダを沈めて、

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎パンケーキとカシスソーダであっという間に時間が経ってしまう…

◎それにしても溶かしバターとハチミツと生クリームは

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎罪な組合せだ(╹◡╹)♡

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎こんなステキな被写体があるとついつい写真が撮りたくなる

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎まずは、X-Pro2とXF35mmF2.0の

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎最新スーパー組み合わせで(笑)

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎天気も曇り空と言う事もあって

◎少しアンダー気味な写真…

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎まるで外国に居るような雰囲気で写真が撮れます…

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎置いてある家具もオーナーのこだわりのモノばかり…

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎ここからは…

◎今、私がドはまりのオールドレンズ…

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎カメラ本体も今の最新よりは少しオールドなFUJIFILM X-Pro1…

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎これにヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0という

◎1980年製造ロシアのレンズを装着して…

◎オールドレンズだから、オートフォーカスじゃあなくて、マニュアルフォーカスで

◎淡い雰囲気の写真が撮れて、フィルム写真の様な感じに…

◎なんか、いいと思いませんか?

CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)

◎CAFFE CIOCCO(カフェチョコ)下関市豊浦町川棚5672-5 電話083-772-1174


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

デジタルでフィルムを再現したい計画第2弾‼︎

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

使い終わらないフィルムが入ったままのキャノンのカメラを…

◎先日オークションで落札した

◎ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0という1980年製造ロシアのレンズの

◎ぐるぐるボケにはまりまくっている私…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎もっと他にオールドレンズはないもんだろうかと…

◎ネット検索するけど…

◎ライカなどの有名メーカーのオールドレンズは

◎目が飛び出るほどの高額レンズ…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎そして、ふと思い出したのが…

◎以前、弊社現場監督の軍手ブルーが貸してくれた

◎Canonのフィルムカメラ…

◎Canon FTb…

◎当時(二年ぐらい前だろうか…)

◎フィルム写真に憧れた私はこのカメラにフィルムを入れて

◎街に出たものの… どうにも馴染めなく… 全部撮りきらずにそのまま…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎そうだ、このレンズはどうだろうか…

◎そう思いながら、ネット検索すると…

◎特別感は無いけど、本体のCanon FTbは1971年(昭和46年)発売のモノで

◎機能的には目立つモノは無いそうですが

◎Canon FDマウントの機械式シャッターカメラはCanon FTbとCanon F-1だけで

◎そういった意味ではレアな存在とも言えそうです。

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎そのカメラに付いていた50mmレンズ…

◎まあ、一応 オールドレンズですよね…

◎しかも、一緒に200mmの単焦点望遠レンズもあったので

◎早速、FUJIFILM X-Pro1に付けるためのアダプターを

◎Amazonで1,999円 ゲット…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎本日、アダプターが到着したので

◎お昼ご飯も食べずに、早速装着&撮影…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎HELIOS44-2の様な独特な感じも無く…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎出来上がった写真は、こんな感じ…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎この雰囲気って、わざわざオールドレンズにしなくても

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎もしかしたら、FUJIFILMのレンズでもマニュアルフォーカスにして

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎シャープさを甘くして、少しの設定変えで出来るんじゃあないの?

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎と言うか、画像ソフトやインスタのフィルムを掛けちゃえば

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎スマホで撮った写真でもこんな感じに出来ちゃうよね(笑)

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎いやいや、そういう問題では無いんです…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎このFUJIFILM X-Pro1にオールドレンズを装着して

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎マニュアルフォーカスで撮ることが重要なんです…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎また、撮ったらすぐに

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎Wi-Fiでスマホに送って、SNSにアップ\(^O^)/

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎この作業工程も情緒を失っている原因のひとつ…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎デジタルだから、ぱぱっと、どんどん、じゃんじゃん撮っちゃえ

◎ではなく、じっくり腰を据えて

◎空気を感じながら

◎被写体と向き合う姿勢…

◎デジタルカメラだけど、古いカメラとオールドレンズとマニュアルフォーカスで

◎その工程が愉しめるから、私の性格に良く合う…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎おまけ…

◎単焦点200mm望遠レンズ…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎細くて、長い筒が笑える…

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎ファインダーを覗くと、ちょっと見慣れない画角に興奮…

◎あれ、もしかしてこのレンズいいんじゃあない?

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎そう思いながら、いろんな被写体を探しながら夢中にシャッターを切っていたけど

◎冷静に考えれば、このオールドレンズがいい訳では無くて

◎望遠レンズの圧縮効果が新鮮だったんだと…(笑)

◎それなら、FUJIFILM X-T1かT2に望遠付けて愉しんだ方がいいや

◎だって、手ブレ機能が付いてないから、ブレブレ(笑)

◎そんなこんなで、デジタルでフィルムを再現したい♪( ´▽`)計画を愉しむ毎日です

CANON FD 50mmF1.4・Canon FTb

◎CANON FD 50mmF1.4
◎Canon FTb


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

デジタルでフィルムを再現したい計画第1弾‼︎グルグルボケ編

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

じゃあ、フィルムカメラで撮ればいいじゃんって話なんですが…

◎26年前に起業してから…
◎施工写真を撮ったり、
◎BOSS BLOGのグルメネタを撮ったり…
◎Canonやミノルタ…
◎RICOHやSIGMAと…
◎仕事として使ってきたカメラたち…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎でも、このFUJIFILM X-Pro1に出逢ってから…
◎僕の写真ライフは豊かなものとなりました…

◎FUJIFILM X-Pro1とXF35mmF1.4のレンズと組み合わせた写真は
◎僕にとって本当に感動の写真でした…

◎その後、Xシリーズは進化し…
◎その都度、買い足して…
◎今では、保湿庫にFULIFILMのカメラとレンズがギュウギュウに待機(笑)

◎そして、今回発売された「X-Pro2」
◎フォルム…
◎ファインダー…
◎シャッター音…
◎そして、写真…
◎どれも、X-Pro1を手にしたときの様な感動を覚えました…

◎こうなると、もはやX-Pro1の出番はもう…
◎と言うよりも、X-Pro1を保湿庫から出すことはもうほとんどありませんでした…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎その頃、私の中でふつふつと芽生えたのが…
◎フィルム写真への憧れ…
◎もちろん、フィルムカメラにチャレンジしようと
◎試みたこともありましたが…
◎どうも、フィルムカメラの工程が私には合わないのか…
◎フィルムを全部使い切る前に脱落…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎それでも、フィルム写真へのあこがれは捨てきれず…
◎今流行のInstagramでも、フィルム写真にフォローをして
◎うっとり眺めている毎日…(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎そうだ、このデジタルカメラでフィルム写真のような加工をしてみよう!!!
◎そう思い立って、お得意の画像加工を加えて行くも…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎画像を加工することが、写真を撮る上で
◎どこまでがOKで、どこまでがNGなのか判らなくなってきました…

◎やっぱり、基本的には画像加工は… ナシかな…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎そんな矢先に見付けたステキなアイテム…
◎オールドレンズなのです…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎昔のレンズは個性的なレンズも多く
◎いろいろなタイプのレンズがネットオークションで手に入れることが出来ます。
◎それこそ、ライカとか有名なレンズとなると
◎オールドレンズでも数十万もするモノまであります…

◎でも、数千円からでも面白いレンズはネットオークションで
◎色々あるようで…

◎何を買ったら良いのか判らないまま…
◎ネットとXシリーズのムック本を参考に…
◎今回選んだのが…

◎ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0という1980年製造ロシアのレンズ
◎オークション落札価格が15,770円(送料ベット)と
◎安価なオールドレンズからすれば若干お高いですが…
◎ぐるぐるボケが特徴というこのレンズの記事も多くて
◎迷わず、落札…

◎更にこのレンズを付けるためのアダプター
◎K&F Concept Xマウントアダプター M42マウントを1,899円でAmazon…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎入金して、今週末には現物が手元に到着…
◎アダプターが黒くてデカイのがちょっと格好悪いけど
◎ヘリオスのレンズはメッキ塗装されていて鏡面仕上げでキラキラ
◎X-Pro1のクラシカルなデザインにマッチ…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎現在FUJIFILMの最高峰である「X-Pro2」と
◎保湿庫で眠っていた「X-Pro1」の棲み分けが出来た瞬間でした…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎レンズが揃えば…
◎やはり、撮りたくなるのが心情で…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎早速、ぐるぐるボケを試すために
◎湯布院へ…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎あいにくの曇り空で
◎思うようにぐるぐるボケが試せない…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎と言うよりも
◎マニュアルフォーカスの難しさに四苦八苦…
◎いつもオートフォーカスに慣れている私は
◎折角の被写体を、ピントを合わせている内に逃すことだらけ(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎しかも、レトロなレンズだから
◎寄りと無限のに回すと
◎引っかかりが大きくなり
◎レンズのネジが緩むという事態発生…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎それでも、何となく慣れてくると…
◎マニュアルフォーカスの作業自体が愉しくなってくる…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎X-Pro1はWi-Fi機能が付いていないので
◎写真を撮ってもiPhoneに送ることが出来ず
◎撮った写真は現像しないと見られない感覚に…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎写真を撮って、スマホに送り、すぐにSNSにアップする…
◎この一連の作業が、写真をチープなものにするような感覚…
◎でも、それらが出来ない事で、何となくアナログチックな自分が好き。

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎このPro1とオールドレンズはそんな気持ちにさせてくれました…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎被写体を見付ける
◎ファインダーを覗くためにカメラを顔に近づけるまでに
◎被写体との距離を目測…
◎ファインダー覗くちょっと前にレンズの距離目盛りをさりげなく合わせ…
◎ファインダーを覗いたときには、微調整…
◎更に自分のカラダを画角が変わらない程度に前後して最微調整(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎そんな一連の動作をして
◎思ったところにバチッとピントが合っているときの快感は面白い
◎この辺が確認出来るのはデジカメならでは(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎X-Pro1は露出もプラスマイナス2までしか無いし、
◎シャッタースピードも1/4000までしか無いから
◎開放の写真が撮りにくいところもあるけど

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎その限られた機能があることで
◎さらにクラシカルな気持ちにさせてくれる…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎フィルムカメラにはまらなかった私ですが…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎このオールドレンズをミラーレスに付けた
◎「デジタルでフィルムを再現したい」はドはまり\(^O^)/

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎今回は他のカメラは持たずに
◎このX-Pro1とヘリオスのオールドレンズのみ…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎暫くは、プライベートではこのカメラが相棒かなぁ…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎こうなってくると
◎同じヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0でも
◎36年も経っていれば個体によって状況も違うだろうから
◎写真の色味も写り方も違うのではないだろうか…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎そんなことを考えると
◎もっと沢山のオールドレンズが欲しくなる(笑)

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎まあ、まずは
◎このマニュアルフォーカスのヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0を
◎愉しみ…
◎さらにXシリーズにはフィルムシミュレーションが選べ
◎ハイライト、シャドー、カラー、シャープなどなどが選べ
◎ホワイトバランスも変えられるし…

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎まだまだ調整できるところが沢山あるから…
◎暫く、このレンズで遊べるね…

◎FUJIFILM X-Pro1との出逢いのお陰で…
◎私の人生も豊かになれたのは間違えないです…

◎みなさんもこころ豊かになれる写真ライフをはじめてみませんか?

ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0

◎ヘリオス HELIOS44-2 M42マウント58mmF2.0
◎K&F Concept® xマウントアダプター M42マウントレンズ-FUJIFILM FX X-Pro1
◎マウントカメラ装着用レンズアダプターリング M42-FXマウント変換アダプター


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++