180gの小型軽量と高速AFにより、軽快なスタイルで撮影を楽しめる広角レンズ

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

もはや富士フィルムのショールーム並みに揃っている(笑)

◎去年、新しく登場したXF23mmF2 R WRのブラックレンズ

◎同じ画角でXF23mmF1.4 Rは持っているので購入していなかったけど

◎今年の2月に発売になったXF23mmF2 R WRのシルバータイプ…

◎悩ましい…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎で、結局購入(笑)

XF23mmF1.4 Rに比べ、開放値は一段暗いけど小さくて軽いのがいい

XF23mmF1.4 RXF16mmF1.4 R WRと同じタイプのレンズフードを付けたら

◎デカ過ぎてカメラバックにも入らなくて、結果的に持ち歩かないという

◎ドツボ(笑)

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎今回もシルバーのXF23mmF2 R WR本体にフィルターを付けて

◎レンズフードは同色のシルバーを選択…

◎ブラックボディのFUJIFILM X-Pro2にシルバーのレンズが

◎何ともアンバランスでセクシー(笑)

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎Xシリーズでは最大となる2430万画素APS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」

◎を搭載したFUJIFILM X-Pro2

◎新設計のXF23mmF2 R WRとの組み合わせがどんなコトになるのか…愉しみ

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎先が細くなっていてクラシカルなフォルムのXF23mmF2 R WR

◎前後にスライドさせることでAF/MFを切り替えられる

◎ピントリング機能を搭載したXF23mmF1.4 R

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎真上から見ても真横から見てもサイズ感の差は歴然

◎重さも300gと180gで120gの差がある…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎同じ画角の三台のカメラ

FUJIFILM X-Pro2XF23mmF2 R WR

FUJIFILM X-T1XF23mmF1.4 R

◎そして、コンパクトカメラFUJIFILM X100Tである…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎同じ画角だけど、レンズの仕様と個性で違う雰囲気の写真が撮れるのは

◎何となく想像できるが…

◎やはり、スペック的な話と言うよりも

◎そのカメラとレンズの組み合わせによる精神的な写真の影響の方が強い気がする

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎35mm判換算で35mmの焦点距離を持つこのレンズは

◎気軽に撮れるスナップシューターとして丁度良い画角である

◎でも、先程の三台の組み合わせで考えると

◎街角スナップシューターとして使い分けが出てくる…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎もっともスナップシューターとして使い勝手が良いのは

◎やはりコンパクトカメラのFUJIFILM X100Tである

◎実際、中国にカメラさんぽ行った時にもこのカメラのお陰で

◎中国の街角を気軽にカメラに納めることが出来た

◎撮られている側もこのシルバーのクラシカルなFUJIFILM X100Tのデザインが

◎被写体との距離を縮めてくれている様な感覚になった…

◎しかも、レンズ一体型のコンパクトカメラだから

◎片手で操作ができる手軽さがポイント

◎自撮りなどほとんど撮るコトは無いが、それでもその場面では便利である

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎仕事使いとは違う雰囲気を醸し出すFUJIFILM X-Pro2

◎私はカメラにこだわっています…

◎感を漂わすチカラがある(笑)

◎しかも、FUJIFILM X-Pro2には2430万画素APS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」が

◎搭載されていて、今回登場したフィルムシミュレーションにあるACROSは

◎より滑らかな階調、引き締まった黒、美しい質感再現し

◎一般的な白黒モードとは一線を画する超高画質な黒白写真表現が可能である

◎更にグレイン・エフェクトを掛けることで

◎フィルム写真が持つ独特の粒状感を再現する機能を持つ…

◎これに軽量かつオシャレなフォルムのXF23mmF2 R WRが組み合わされば

◎スナップシューターとして最高の絵が撮れるのではないでしょうか…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎でも、今回発売されたFUJIFILM X100Fには

FUJIFILM X-Pro2と同じセンサーに

◎ACROSまで付いているので、これまたこれまた悩みどころでもある…

◎そうなると、レンズの特性でその日の相棒を決める判断に変わるコトとなる…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

XF35mmF2 R WRから始まったこのレンズシリーズ

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

XF35mmF2 R WRのレンズフードはシルバーが無くてブラックのみだった

◎だからシルバー本体にブラックという妙なツートンになったけど

◎今では、これもお気に入りの組み合わせ

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎今回もシルバー&ブラックにしようかと思ったが

XF35mmF2 R WRXF23mmF2 R WRの見た目判断をする時は

◎色が違う方が戸惑わなくていいかと思いシルバーに…

◎でも、次のXF50mmF2 R WRの時はどうしようかなぁ…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

XF35mmF2 R WRXF23mmF2 R WR

◎横から見るとXF23mmF2 R WRのフォーカスリングが若干長いんですね…

◎この先細りフォルム…

◎何かちょっと好きにはなれないけど、フードが付くことでバランスが良くなる

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎それでも、XF23mmF2 R WRはちょっと長くて

◎カメラ本体に付けるとバランスが悪く

XF35mmF2 R WRが一番しっくり…

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎今では、殆どこのXF35mmF2 R WRが付けっぱなしで

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

XF35mmF1.4 Rが防湿庫から出てくることは無くなりました…

◎でも、今の自分があるのも

◎FUJIFILM X-Pro1とXF35mmF1.4 Rのレンズがあったからと言っても過言では無い

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

◎私はカメラマニアでも無ければ、レンズマニアでも無い

◎ましてやプロのカメラマンでも無く

◎ただ、写真を撮るコトが好きなデザイナーである…

◎でも、この富士フィルムのXシリーズに出逢ったからこそ

◎人生が面白くなったのは間違い無い。

◎きっとこれが、他のカメラだったら、こうなっていなかっただろう…

◎これからも「コト」をもっともっと撮っていきたいなぁ

XF23mmF2 R WR・XF23mmF1.4 R・XF35mmF2 R WR・XF35mmF1.4 R・FUJIFILM X100T・FUJIFILM X-Pro2

XF23mmF2 R WR
XF23mmF1.4 R
XF35mmF2 R WR
XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X100T
FUJIFILM X-Pro2


◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724
BOSS camera(Tumblr)
Instagram(atozboss)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎建築とグラフィックとWEBのデザインが出来る会社だから出来ること
有限会社デザインATOZ 山口県下関市宝町5-1 電話083-250-7724

私達は飲食店・美容院・物販店などの空間をプロデュースし
店舗のデザイン・設計・施工を行っております。
お客様の要望やこだわりを徹底的にヒヤリングし、御社独自のウリを見付け出し具現化します。
建築だけでなく、ロゴマーク、ポスター、メニュー、看板、ディスプレー、
販促物、ホームページ制作に至るまで、トータルでお店づくりのお手伝いが出来るデザインオフィスです。
コンセプトに沿ってカタチづくりをするので、お店に統一性が生まれるのが当社の強みです。
初めて開業するお客様にも安心して全てをお任せ頂けます。

◎デザインATOZ スタッフ・ブログはデザインに全力で日々奮闘しているスタッフ日記です!
◎DESIGN ATOZ ボス・ブログは進行中プロジェクトのウラ話や「食×遊×学」のフォト日記です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++